東京書籍

教科書・図書教材 よくある質問Q&A

地図
  • Q1 日本北部の国境線が千島列島に2か所と,樺太中部,宗谷海峡の計4か所に表示してあるのはどうしてでしょうか。
  •  日本北部の国境線や領土の表示については,検定教科書は全て文部科学省より次のように指示されています。(1)歯舞群島,色丹島,国後島,択捉島は日本領土として扱い,南樺太と残りの千島列島は未帰属地域とする(領土の色をつける場合は白色とする),(2)国境線を択捉島と得撫島の間,占守島とカムチャツカ半島の間,樺太と北海道の間,樺太の北緯50度のところに入れる,などです。
     ご承知のように,北方領土については,領土間題はヤルタ協定,ポツタム宣言,サンフランシスコ平和条約などの一連の国際協定によって“全て解決済み”としてきた旧ソ連との間で対立してきたわけですが,日本国としては以下のような経緯を踏まえて領土返還を主張してきました。
     まず,1855年の「日露通好条約」(下田条約)によって日本とロシアとの国家間の交流が開始されたわけですが,この条約では,“樺太島については国境を設けず混在の地とする” “千鳥列島については択捉島と得撫島の間を国境とする”とされました。
     そして,1875年,日本とロシア間の「千島・樺太交換条約」で,日本はロシアから千島列島(条約には占守島から得撫島まで18の島々の名が列挙してある)を譲り受けるかわりに,樺太全島を放棄しました。
     その後,1905年,日露戦争終結時の「ポーツマス条約」で,樺太の北緯50度以南をロシアより譲り受け,この状態で第二次世界大戦に入っていきます。
     そして,戦後,1951年の「サンフランシスコ平和条約」(ソ連は,同条約は極東で新しく戦争を準備するものとして,調印を拒否)で,日本は南樺太と千島列島を一方的に放棄しましたが,それがどこに帰属するかは未決であって,日本政府としては,歯舞群島,色丹島,国後島,択捉島は日本国有の領土であって,サンフランシスコ平和条約で放棄した“千島列島”には含まれないとの見解を示しています。
     このようにして日本としては,北方領土問題は日ロ平和条約締結のための交渉のなかで解決されるものとして今日に至っています。

    質問事項一覧へ戻る
  • Q2 地図記号は,どのように決められているのですか。
  •  地図記号は,世界的にみると千差万別です。国によって異なるケースも多いのですが,なかにはほぼ似ているものもあります。国ごとに地域の特徴を表現した記号を用いています。日本では,国土交通省国土地理院で策定した記号に準じていることが多いといえます。国土地理院の地図記号は,(1)簡潔に表現,(2)そのものをイメージさせる,(3)他の区分がつくこと,を基本にしています。使う人々が想像しやすい形として,神社の(鳥居),税務署の(そろばんの珠)などがあります。
     小学校用の地図帳「新編 新しい地図帳」では,国土地理院の記号を参考にしているほかに,わかりやすい絵記号(トマトはトマトのイラストなど)を使い,小学生が地図に親しめるように工夫しています。

    質問事項一覧へ戻る
  • Q3 なぜ地図は北を上にするのですか。
  •  北向きの地図が多いことは確かですが,必ずしも北向きの地図ばかりではありません。南半球のオーストラリアでは南を上にした地図が存在します。日本でも,古地図には北が上ではないものが多くあります。移動するときに進行方向を上に向けると理解しやすいということもあり,そのような場合には北を方位記号で補助しています。定説はありませんが,各国政府機関が発行する地図の大部分は,上方を北にしていることは確かです。

    さまざまな方位記号

    質問事項一覧へ戻る
  • Q4 一般図とはどういう図なのですか。また主題図との違いは何ですか。
  •  標高や河川,海岸線,地名,交通路など,どれに重点をおくということでなく,多くの情報を描いた図を一般図と呼びます。英語では general map といいます。一般図には,地形の高さが分かる等高線などが描かれています。国土地理院発行の地形図は,その代表です。表す内容は縮尺によって違ってきます。1万分の1くらいの縮尺になりますと,家屋を1件ごと表示することも可能です。
     それに対して,ある目的のために使う地図,たとえば発電所の分布図や鉄道の路線図など,あるテーマを表現した地図を主題図と呼びます。こちらは英語では thematic map,topical map といいます。

    質問事項一覧へ戻る
  • Q5 地名は何に基づいて表わしているのですか。
  •  地名は,その地域の特徴を体現しています。地名にはその地域のさまざまな歴史や文化,自然が反映されています。
     山や河川,湖などの呼称を自然地名と呼びます。自然地名は,地域が違うと同じ山や川でも風数の呼称が存在します。たとえば,日本一長い河川である信濃川は,長野県側では千曲川と呼んでいます。小学校用の地図帳「新編 新しい地図帳」では,検定基準に基づいて国土地理院発行の地形図に記載しているものを採用しています。県市町村などの行政地名は,総務省に届け出た呼称を採用しています。
     ただし,自然地名と行政地名とも読み方(ルビ)を付すとなるとたいへんです。読み方は定められていますが,ふりがなは示されていません。地名の語源や字源などを参考にしながら,ルビを付しています。たとえば相模川の読み方が「さがみがわ」ですが,「が」は相と模の間に置いています。
     一方,外国の地名の表記については,主に,『新地名表記の手引き』(教科書研究センター編,ぎょうせい発行)に則っております。
     『新地名表記の手引き』は,初版が昭和53年に作成されましたが,その後,文化庁が「外来語の表記」を示したこと,東欧・ソ連の変革などで地名自体が改変されたことを受けて改訂され,平成6年に新版がまとめられました。見直しにあたっては,各教科書発行社のほか,文部省(当時)・文化庁,マスコミ関係者,外務省などが参画しております。
     同書で採られている,基本的な表記の方針は次のとおりです。
    ・地名はなるべく,その国なりその地域なりの呼び方によって書く。ただし慣用の熟しているものは,それに従って書く
    ・現地での呼び方の基準として,それぞれの国における公用のほか国際的機関による統一表記を重視する。慣用についても,日本における慣用のほか,国際的慣用についても考慮する。
    ・片仮名書きの表記は,原則として小学校,中学校,高等学校を通じて一定とする。

    質問事項一覧へ戻る
  • Q6 標高すなわち土地の高さはどうやって決めているのですか。
  •  日本では,国土地理院が国土の骨格となる位置や標高などの測量をしています。測量地点は,山の山頂部分だけではなく,平野など多々あります。東京湾の平均海面を規準に高さを測っています。東京湾の潮の満ち干きの平均(平均海面)から測った高さが標高として表示されています。標高は一定ではありません。地形も変化しているので標高も変化しています。たとえば,地殻変動の激しい地域では,地検の盛り上がりで標高が変化しています。また,測量方法が変わると標高が異なるケースもあります。
     小学校用の地図帳「新編 新しい社地図帳」では,国土地理院が発行する最新の地形図に記載された標高や,国立天文台編『理科年表』に記載された標高を採用しています。山の標高は,最高地点が測量されているとは限りませんので,地形図から読みとり記載しているところもあります。
    質問事項一覧へ戻る

    ページの先頭へ戻る