東京書籍

教科書・図書教材 よくある質問Q&A

家庭
  • Q1 5年のミシンの指導時期を2学期から3学期に変更した理由は何ですか。
  •  6年のミシン(2学期)と指導時期が重ならないように配慮しました。1校に整備されているミシンは限られているので,同時期に複数の学級がミシンを使用するとなると,家庭科室の空きとミシンの台数に配慮して時間割の作成が難しくなります。また,ミシンが故障した場合の影響も大きくなってしまうため,指導時期を5年は3学期,6年は2学期となるようにしました。

    質問事項一覧へ戻る
  • Q2 成長の記録の使い方を教えてください。
  •  まずは,5年の学習を終えた頃に自分ができるようになったことを3段階の評価で記録させます。そして,6年の学習を終えた頃に,5年の分も含めてもう一度評価し記録します。その時に塗れる○の数が増えているかもしれません。そうすることによってより達成感をもたせ,大きな自信や自己肯定感を育めるようにしています。記録させる時期は,大題材ごとに行うなど,先生のご指導に合わせてアレンジしていただければと思います。

    質問事項一覧へ戻る
  • Q3 以前は「針止め止めねじ」だったものが,「針止めねじ」に変更になっている理由は何ですか。
  •  「針止め止めねじ」は出典としていた書物の誤植であることが発覚しました。正しくは「針止めねじ」となります。ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

    質問事項一覧へ戻る
  • Q4 巻末「いつも確かめよう」の使い方を教えてください。
  •  巻末に学習に必要な資料を豊富に集めているので,授業中に困った時にすぐ開くことができ,資料集のような役割があります。また,実物大の手の写真に自分の手を載せて真似をしてみることで,実習のシミュレーションをすることができます。

    質問事項一覧へ戻る
    ページの先頭へ戻る