東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

文芸 / 電子の書籍

4/5ページ 88件中 61-80件表示

方丈記

【超口語訳】
方丈記

濱田浩一郎/訳
地震、台風、飢饉、戦乱、政治的混迷……。人は死に、心は移り、自然は猛威をふるい、家は壊れる……。 今日の世によく似た激動の時代に生きて、鴨長明さんは何を悟ったか。 求めない。妬まない。依りかからない。 すべては変化していく無常の世界を生きるためのヒントが満載の...

ISBN:978-4-487-80702-4
定価1,540円(本体1,400円+税10%)
発売年月日:2012年04月28日

隠居志願


隠居志願

玉村豊男/著
この時代、もっとも生き生きとして豊かな生き方…それは隠居。深く、静かに、しかし決して枯れることなく。新しいアグレッシブな隠居的生活のヒント満載! 美しい著者自筆の植物絵53枚収録・オールカラー

ISBN:978-4-487-80642-3
定価1,540円(本体1,400円+税10%)
発売年月日:2012年03月29日

このまま100歳までおいしゅうございます


このまま100歳までおいしゅうございます

岸 朝子/著
食と酒と煙草を愛し続けながら、健康診断にいまも悪いところがまったくない88歳の食道楽が、健康に長生きする秘訣を自らの半生から探った自叙伝的健康論。 巻末に白澤卓二先生との特別対談「白澤先生、生き方上手な食道楽と意気投合」を収録。

ISBN:978-4-487-80561-7
定価1,540円(本体1,400円+税10%)
発売年月日:2012年02月27日

恋する文豪


恋する文豪

真山知幸/監修
漱石も鷗外も太宰も、恋をしたから文学できた。日本文学史上にかがやく文豪たち10人の恋バナが切ない系オムニバスコミックになりました。文豪たちの恋愛相関図や話の背景、また、その後の作品への影響なども解説。文学入門にもオススメ。

ISBN:978-4-487-80631-7
定価1,320円(本体1,200円+税10%)
発売年月日:2012年02月16日

あの時、僕らは13歳だった


あの時、僕らは13歳だった

寒河江正/著,羅 逸星/著
半世紀にわたる時空と天空を越えた壮大な人生ドラマ。終戦間近から始まる二人の知識人の交流がそのまま日本と韓国の歴史を物語る。

ISBN:978-4-487-80604-1
定価1,760円(本体1,600円+税10%)
発売年月日:2011年09月01日

希望


希望

鎌田實・佐藤真紀/著
東日本大震災で傷ついた子どもたち。子どもたちに今どんな言葉を語ればよいであろうか。「生きる」ということ,「命」ということ,「希望」ということについて,鎌田さんが現地の写真とあわせて,あふれる言葉を伝えます。後半では,鎌田さんが取り組むイラクの子どもたちへの医療支援についても,温かいメッセージを展開します。

ISBN:978-4-487-80568-6
定価1,540円(本体1,400円+税10%)
発売年月日:2011年08月25日

島国日本の脳をきたえる


島国日本の脳をきたえる

茂木健一郎/著
島国という,世界で孤立した地形にある日本が,そこで生きる日本人がこれからどう生きていくべきか,この予測不可能な時代に立ち向かう,脳科学者茂木健一郎の思索。

ISBN:978-4-487-80513-6
定価1,320円(本体1,200円+税10%)
発売年月日:2011年08月13日

幸・不幸の分かれ道


幸・不幸の分かれ道

土屋賢二/著
笑う哲学者,渾身の書き散らし! 人生は無意味だ,一貫性を持て…哲学的に間違った不幸な考え方をツチヤ流に正します。

ISBN:978-4-487-80441-2
定価1,430円(本体1,300円+税10%)
発売年月日:2011年07月31日

トキワ荘最後の住人の記録


トキワ荘最後の住人の記録

山内ジョージ/著
マンガの聖地・トキワ荘。その最後の住人となった,石ノ森章太郎氏の弟子・山内ジョージさんが,若きマンガ家たちの知られざるエピソードをつづる。

ISBN:978-4-487-80563-1
定価1,760円(本体1,600円+税10%)
発売年月日:2011年06月20日

おかえり、またあえたね


おかえり、またあえたね

石井光太/著,櫻井敦子/絵
世界の貧困現場を取材してきたノンフィクション作家石井光太が,ストリートチルドレンの生活と現実を物語化。貧困の中で,子どもたちはどのように生きているのか?

ISBN:978-4-487-80532-7
定価1,430円(本体1,300円+税10%)
発売年月日:2011年02月02日

言葉で世界を変えよう


言葉で世界を変えよう

茂木健一郎/著,黛まどか/著
古都奈良を出発点に,万葉集を読み直しながら,日本語固有の文体・五七調誕生の謎を探る。歴史と言葉のかかわりの中で,いかにして五七調が生まれ,俳句が育まれてきたのか。同時に,四季や季語,という観点から日本人の発想や美意識を脳科学的に読み解いていきます。

ISBN:978-4-487-80383-5
定価1,540円(本体1,400円+税10%)
発売年月日:2010年07月17日

お家賃ですけど


お家賃ですけど

能町みね子/著
築40年超の下宿風アパートと,その大家さん,隣人,周りの人など,日常で出会った人々への著者の一方的な偏愛・執着を記録した日常エッセイ。

ISBN:978-4-487-80324-3
定価1,320円(本体1,200円+税10%)
発売年月日:2010年07月10日

毒


立松和平/著
日本初・最大の公害事件,足尾鉱毒事件。みずからの家族の根をその地にもつ著者が,田中正造と農民たちの生と死と闘いを描いた,宿命のライフワーク。

ISBN:978-4-487-75432-8
定価1,760円(本体1,600円+税10%)
発売年月日:2010年05月18日

玉村豊男 パリ 1968-2010


玉村豊男 パリ 1968-2010

玉村豊男/文・絵
1968年,五月革命のまっただ中のパリに降り立ってから,パリで青春を過ごし,パリで暮らした玉村豊男が,今あらためてパリを訪れ,変わらないレストラン,カフェ,ホテルなど,本当のパリの魅力をオールカラーイラストレーションとともに叙情豊かに綴る。

ISBN:978-4-487-80460-3
定価1,540円(本体1,400円+税10%)
発売年月日:2010年04月02日

孤高 国語学者大野晋の生涯


孤高 国語学者大野晋の生涯

川村二郎
『日本語練習帳』などで知られる国語学者が苦難の果てに行きついた結論は,日本語の源流はインドにあるという衝撃の仮説だった…。学者の枠を超えた生涯を,壮大なスケールで描き出す傑作評伝。

ISBN:978-4-487-80355-2
定価1,870円(本体1,700円+税10%)
発売年月日:2009年08月01日

いまなぜ白洲正子なのか


いまなぜ白洲正子なのか

川村二郎
日本の美の定点観測者,白洲正子を描いたはじめての評伝。白洲次郎,青山二郎,小林秀雄,吉田茂…多彩な人脈を紐解きながら,能,骨董,花など卓越した鑑識眼がなぜ生まれたのかを探る。

ISBN:978-4-487-80192-3
定価1,760円(本体1,600円+税10%)
発売年月日:2008年08月01日

偽装通貨


偽装通貨

相場英雄
ネットマネーは無法地帯だ! 取材をすすめるフリーアナウンサーの前に現れた謎の男が目論む新手のビジネスとは? 急速に進展する「電子マネー」社会に警鐘を鳴らす経済エンタメ小説,堂々登場。

ISBN:978-4-487-80195-4
定価1,870円(本体1,700円+税10%)
発売年月日:2008年06月01日

気分のいい日を「ことば」がつくる


気分のいい日を「ことば」がつくる

小俣雅子
ベテランアナウンサーが,自己表現の技術や人間関係のコツを教える,人生に張りと潤いを与える「ことば」の教科書。今日からあなたも「話し上手」「聞き上手」で幸せに。

ISBN:978-4-487-80223-4
定価1,540円(本体1,400円+税10%)
発売年月日:2008年06月01日

道元禅師 上 大宋国の空


道元禅師 上 大宋国の空

立松和平
「泉鏡花文学賞・親鸞賞受賞」  日本から中国へ,膨大な取材と9年にわたる執筆。これまで至難とされた人間道元の実像と思想の全貌に迫る立松和平渾身の記念碑的作品。

ISBN:978-4-487-80212-8
定価2,310円(本体2,100円+税10%)
発売年月日:2007年07月01日

道元禅師 下 永平寺への道


道元禅師 下 永平寺への道

立松和平
「泉鏡花文学賞・親鸞賞受賞」  日本曹洞宗の開祖・道元は真実の求法の地を求め,ついにその理想の場所を北陸の地に見出す。永平寺建立,『正法眼蔵』大成に至る,記念碑的長編小説完結篇。

ISBN:978-4-487-80213-5
定価2,420円(本体2,200円+税10%)
発売年月日:2007年07月01日

4/5ページ 88件中 61-80件表示