東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

島国日本の脳をきたえる

島国日本の脳をきたえる
島からの思索

茂木健一郎/著

ISBN:978-4-487-80513-6
本体価格1,200円
発売年月日:2011年08月13日
ページ数:200頁
判型:46

解説:
島国という,世界で孤立した地形にある日本が,そこで生きる日本人がこれからどう生きていくべきか,この予測不可能な時代に立ち向かう,脳科学者茂木健一郎の思索。

著者情報

茂木健一郎(モギケンイチロウ)
脳科学者。1962年東京生まれ。
東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修
了、理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て、現在、ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャーなどをつとめる。
2005年『脳と仮想』(新潮社)で第4回小林秀雄賞、2009年『今、ここからすべての場所へ』(筑摩書房)で第12回桑原武夫学芸賞を受賞。
主な著書に、『脳とクオリア』(日経サイエンス社)、『脳を活かす勉強法』(PHP研究所)、『言葉で世界を変えよう─万葉集から現代俳句へ─』(黛まどか氏との共著)、『島国日本の脳をきたえる』(ともに東京書籍)、『金持ち脳と貧乏脳』(総合法令出版)、『脳を最高に活かせる人の朝時間』(すばる舎)ほか多数。