東京書籍

 

1/6ページ   60件中  1-10件 表示  【キーワード】
前ページ 1 2 3 4 5 6 次ページ
内田樹・釈徹宗/著
ISBN: 978-4-487-80842-7   本体価格:1,800円
発売年月:2017-08-21
思想家であり武道家の内田樹と、比較宗教学者で僧侶でもある釈徹宗が、日本人が失っている霊性を再発見すべく日本各地の「聖地」を旅する聖地巡礼シリーズ第4弾。最新の第4弾は、日本人にすら忘れかけられている長崎県「対馬」。 福岡空港から空路で30分(100キロ)のところに対馬は位置する。人口3万2千人。 この対馬こそ、日本の原点であり、日本人の源流の地といえる。 日本書紀の「国生み」によれば伊邪那岐(イザナギ)・伊邪那美(イザナミ)の二柱の神は、大八島の国を次のように形成していった。  淡路島→四国→隠岐島→九州→壱岐→「対馬」→佐渡島→秋津島(本州)。   対馬は、その地理的な位置から、朝鮮との国境の島としての運命を担う。魏志倭人伝の最初に出てくる日本の地名が対馬である。今でも晴れた日には、対馬から釜山が見える。対馬と福岡は100キロだが、対馬と朝鮮半島は50キロ未満の近さである。対馬を訪れれば、韓国人のあまりの多さに驚愕するが、この近さを思えば、もっともことである。看板や値段は、日本語とハングル語がほとんど併記されている。ちなみに、携帯電話も場所によっては海外モードになってしまう。  歴史上、いくつかの重要な戦場にもなった。白村江の戦い、元寇、日露戦争(当時は、バトル・オ・ツシマと呼ばれた)。にもかかわらず、朝鮮との友好な関係を築きあげてきた、外交能力。日本人の海民性を物語る。  応神天皇、神功皇后をはじめ、数々の神話・伝説を生み出した古代の信仰。  さまざまな形式の神社やご神木、ご神体が示す、日本人の信仰心の原点。  神仏習合の上をいく、神仏キの習合。   内田樹、釈徹宗の両著者は、まさに、日本人の霊性、心性の原点が、対馬から発せられていることを実感をこめてつづっていく。
内田樹・釈徹宗/著
ISBN: 978-4-487-80841-0   本体価格:1,600円
発売年月:2016-11-24
内田樹・釈徹宗の二人が,自らの足で歩き,立ち止まり,心ふるわせ,日本各地の霊性を再発見する好評シリーズ「聖地巡礼」。 第1弾「大阪・京都・奈良」,第2弾「熊野」につづく,待望の第3弾は「長崎・京都・大阪」。テーマは日本人とキリスト教。日本人にとってキリスト教は,いかなる宗教であったのか。キリスト教はどのように受容され,またなぜ広まることがなかったのか。 長崎に聖地をもとめた内田樹・釈徹宗が見出したものは何であったのか。 1549年,フランシスコ・ザビエルの鹿児島上陸の話から,巡礼は始まった。
フィリップ・ウィルキンソン/著 島田裕巳/監訳 秋山淑子・高崎恵・富永和子/訳
ISBN: 978-4-487-80922-6   本体価格:2,800円
発売年月:2015-08-10
本書は、現代社会においてより重要度を増している世界の宗教について、400点以上の豊富なビジュアルを使いながら、わかりやすく解説する画期的な入門書です。 本書の最大の特徴は、キリスト教、イスラム教、仏教といった主要宗教の起源や歴史、教えなどとともに、その諸宗派や、あまり知られていないアフリカなどの信仰までもフォローしていること。 日常の礼拝から年間の重要行事まで、あまり見ることのない儀式の様子の写真も掲載しています。 主要な宗教の神名・人名や祝祭の日付一覧などのデータもついており、世界の宗教がより身近に感じられること間違いなしの1冊です。
内田 樹・釈 徹宗/著
ISBN: 978-4-487-80639-3   本体価格:1,500円
発売年月:2015-03-04
思想家であり武道家の内田樹と、比較宗教学者で僧侶でもある釈徹宗が、日本人が失っている霊性を再発見するシリーズ「聖地巡礼」。 第2弾は多産の空間・熊野を巡ります。 今なお日本の宗教性がむき出しとなっている聖地・熊野で内田樹・釈徹宗は何を思い、感じとったのか。 巻末には、これまでの聖地巡礼を振り返って「復習」していますので、シリーズ1巻を読んでいなくても楽しめます。
スティーブン・ロー/著 吉原雅子/訳 脇崇晴・山本麻衣子・寺田篤史・富永和子/著
ISBN: 978-4-487-80856-4   本体価格:2,800円
発売年月:2014-08-07
哲学がわかりにくいって思っていませんか? でも、哲学はビジュアルでイメージすれば、 驚くほどわかるんです! 本書は丁寧な解説とともに、430点以上の豊富な写真を掲載。哲学とは何か? といった基本的な疑問から、歴史や主要な問題、古今東西の哲学者まで、基本的な事柄をわかりやすく網羅しています。これを読めば、哲学がより身近に感じられること間違いなし!
内田 樹・釈 徹宗/著
ISBN: 978-4-487-80638-6   本体価格:1,500円
発売年月:2013-08-12
思想家であり武道家の内田樹と、比較宗教学者で僧侶でもある釈徹宗が、日本人が失っている霊性を再生賦活すべく、日本各地の「聖地」を旅する新シリーズ。 第1巻となる今回は、大阪の上町大地を縦走し、京都で異界のトビラを開き、奈良で日本の「子宮」ともいうべき、三輪山を訪れる。
中村 元/著
ISBN: 978-4-487-73290-6   本体価格:14,000円
発売年月:2012-09-21
インド学・仏教学の泰斗が、主要な大乗仏典17の精髄を、現代語訳に訳しわかりやすく解説する。 生涯、正確で温厚な講義を心がけた博士の遺稿に基づく、大乗仏教理解のための上質の入門叢書。
山本麻衣子/著
ISBN: 978-4-487-80648-5   本体価格:1,300円
発売年月:2012-07-02
ぶっちゃけ、オトコはめんどくさい。 その最大の理由は、「オトコは論理的、オンナは感情的」とほざいていることでしょう。 でも、それって本当? 気鋭の論理学者が、その矛盾をつき、単純なオトコをだまらせる、華麗なテクニックをお教えします。 イラスト、マンガ多数。
吉野敬介/著
ISBN: 978-4-487-80530-3   本体価格:1,700円
発売年月:2011-12-08
全192話からなる「平家物語」の全容が一日でわかる,スーパー入門書。特に66の名場面は丁寧に,そして吉野流の笑いを誘う解説で展開。平家物語絵巻の図版もカラーで多数掲載。
八木啓代/著,常岡浩介/著,上杉 隆/著,岩上安身/著,すがやみつる/著,渋井哲也/著,郷原信郎/著,津田大介/著
ISBN: 978-4-487-80584-6   本体価格:1,400円
発売年月:2011-09-01
TwitterやSNS,動画中継サイトなど,リアルタイムメディアの第一線で活躍する担い手たちが自ら,リアルタイムメディアが,どのように機能し,どのように連携しているかを現場からリポートした事例集。

本を探す

詳細検索はこちら   検索方法はこちら