東京書籍

 

1/6ページ   59件中  1-10件 表示  【キーワード】
前ページ 1 2 3 4 5 6 次ページ
柏木 博/監修 橋本優子・井上雅人・天内大樹/翻訳
ISBN: 978-4-487-81034-5   本体価格:5,800円
発売年月:2017-07-05
デザインの流れが圧倒的ビジュアルで理解できる決定的大図鑑。 . <本書の特徴> . (1)デザインのスタンダードを歴史的に網羅  19世紀から21世紀まで、近代・現代デザインの流れをヴィジュアルで解説。 . (2)時代に沿ったわかりやすい構成 アーツ・アンド・クラフツ運動から、アール・ヌーヴォー、アール・デコ、モダニズム、ミッドセンチュリー・モダン、文化革命、ポストモダン、そして現代まで、時代や動向ごとにデザイナーや作品を紹介。 . (3)約500名のデザイナーと約1,600点の作品をオールカラーで掲載 デザイナー…ウィリアム・モリス、ガウディ、フランク・ロイド・ライト、アキッレ・カスティリオーニ、柳宗理、ジョナサン・アイヴなど 作品…リンカーン・ゼファー、サヴォワ邸、バルセロナ・チェア、ウォークマンなど ブランド…ティファニー、無印良品、ダイソン、マリメッコなどの人気デザインブランドも多数収録 . (4)プロダクトデザインや日用品も含む、幅広いデザイン分野が対象 グラフィック、タイポグラフィ、ジュエリー、建築から、工業製品、電化製品、家具食器などプロダクトデザインや日用品も含む、幅広いジャンルを豊富な作品写真で丁寧に解説。 . (5)デザインの進化がひと目でわかる 自転車、カメラ、ギター、椅子など12ジャンルの特設ページで、それぞれのデザインの進化・変遷がひと目でわかる。
藤枝晃雄/著
ISBN: 978-4-487-80669-0   本体価格:3,000円
発売年月:2017-05-26
●唯一無二の批評眼、明確にして倫理的な美的判断、強靭で明晰な理論、詩人由来の修辞――。日本が生んだ世界的な美術批評家・美術史家の半世紀におよぶ活動の真髄を1冊に集約。 ●芸術論、作家論、時評、対談・鼎談、インタヴューなど、1960年代から2010年代にかけて発表された論考から約80点を厳選して掲載。 ●モダニズムの理論に裏打ちされた、芸術についての揺るぎない視点は、現代芸術の流れを知るうえでも最適。 ●デュシャンやグリーンバーグをはじめとした芸術界の巨人や、ケルアックなどビートニクの詩人たちとの交流、また同時代のアーティストたちとのクリティカルな緊張関係は臨場感のある歴史的証言としても貴重。 ●クレメント・グリーンバーグ、バート・ウィンザー、ロバート・C・ホッブズ、エドワード・フライ、ドナルド・カスピット、多木浩二、神林恒道、ゲイル・レヴィン、モナ・ハドラーとの対談、鼎談、インタヴューも収録。 ●関係者によるコラムも特別収録。寄稿者:林卓行(東京藝術大学准教授)、上田高弘(立命館大学教授)、早見堯(美術批評家)、川田都樹子(甲南大学教授)、松浦寿夫(東京外国語大学大学院教授)、大島徹也(広島大学大学院准教授)、小西信之(愛知県立芸術大学教授)
おかべたかし/文 山出高士/写真
ISBN: 978-4-487-81057-4   本体価格:1,300円
発売年月:2017-03-02
昭和×平成あるあるの決定版!何が変わったのか?なぜ変わったのか?34のテーマを大追跡。写真で一目瞭然。
おかべたかし/文 山出高士/写真
ISBN: 978-4-487-81033-8   本体価格:1,300円
発売年月:2016-06-09
関東と関西の文化、食べ物、日常生活、習慣、風景…日頃感じるなんか違う…というもやもや感。 「桜餅」「湯船」「タクシー」から「座布団」「縄文土器」まで、そんな34の違いを写真で比べました。 東西あるあるの決定版!
清水敏男/編著
ISBN: 978-4-487-80988-2   本体価格:3,200円
発売年月:2016-05-30
2014年秋、日本アート界に挑発的インパクトを与えた展覧会。 それが、THE MIRROR。 参加アーティスト/デザイナーは、いずれも世界的に活躍する表現者たち34組。 会場は銀座のビル一棟。 入場は完全予約制、1日400名限定。 30回以上のセミナー・講演会も開催。 THE MIRRORとはなんだったのか? 同展総合プロデューサー・清水敏男が突きつけた問いとその全貌が本書で明らかになる。
竹中平蔵・南條史生/編著
ISBN: 978-4-487-80999-8   本体価格:1,600円
発売年月:2016-04-08
慶應義塾大学で過去に開講された人気講座の内容を一冊に収録。「アートとは何か」をテーマに絵画、音楽、建築など12名の識者が様々な角度でアートと社会の関係を論じる。戦争とアートの関係や、街づくりにおいてアートが担う役割など、一人ひとりの考えるアートと社会のあり方を問い直す。
おかべたかし/文 山出高士/写真
ISBN: 978-4-487-80951-6   本体価格:1,300円
発売年月:2015-08-28
「田」「虫」「夏」から、「椿象(カメムシ)」「天牛(カミキリムシ)」「鳥/烏」「駝鳥/駱駝」まで、38の「漢字」を実際撮ってみた。 見れば納得!「漢字の成り立ち」漢字でわかる「名前の由来」「似ている漢字」の謎…漢字にまつわる知識・雑学が直観的に理解できる写真集。
後藤 武/著
ISBN: 978-4-487-80098-8   本体価格:2,400円
発売年月:2015-08-26
「ヘヴンリーハウス――20世紀名作住宅をめぐる旅」シリーズ第6巻。 ル・コルビュジエ、フランク・ロイド・ライトとならぶ、20世紀の三大巨匠の一人で、最も畏怖された建築家、ミース・ファン・デル・ローエの代表作「ファーンズワース邸」を、シリーズ編者が満を持して取り上げる。 ミースと恋人であった施主(ファーンズワース女史)と裁判にまでなった全面ガラス張りのアメリカ・イリノイ州の川べりに建つ住宅は、ミースの美意識がこれでもかとばかりに具現化された「芸術作品」である。 本書ではその住宅をフランス人写真家フィリップ・リュオーによる撮りおろし写真とともに、案内していく。 後半は、ミース・ファン・デル・ローエの作品を見ながら、本人の口からは語られることのなかった彼の思想背景を推理していく。
渡辺克仁
ISBN: 978-4-487-80948-6   本体価格:1,400円
発売年月:2015-07-29
いまや癒し系動物の代名詞となったカピバラの写真が満載。 また、全国約90園を網羅し、それぞれの見どころも紹介する、日本一詳しいカピバラガイドを収録。 カピバラの生態についても、基礎知識からちょっとマニアックな情報まで充実。 さらにはワイルドな野生カピバラに会いに、ブラジルまで行ってきました。 撮り下ろし写真満載、カピバラの新たな魅力に出会える写真集。
おかべたかし/文 やまでたかし/写真
ISBN: 978-4-487-80952-3   本体価格:1,300円
発売年月:2015-06-03
意外?それとも納得? 写真×言葉=一目瞭然! 言葉と歴史の雑学満載の『目でみることば』シリーズの新境地は「英語」! 日本語では同じ、もしくは似ている。でも、英語では別のことば。 どこがどう違うのか? と改めて聞かれるとわからないものってありませんか? 本書では、「ape/monkey」「big/large」「clock/watch」「grill/roast」など、38組の単語を取り上げながら、「似ている」英語の、その違いが直感的に理解できる写真を使って、解説します。

本を探す

詳細検索はこちら   検索方法はこちら