東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

経済学は役に立ちますか?_オンデマンド版

経済学は役に立ちますか?_オンデマンド版

竹中平蔵・大竹文雄/著

ISBN:978-4-487-81147-2
定価2,200円(本体2,000円+税10%)
発売年月日:2018年03月31日
ページ数:248頁
判型:46

解説:
政策運営の重要な役割を担う竹中平蔵氏とEテレ「オイコノミア」などTVで注目の行動経済学者大竹文雄氏との対談本。
現代の課題を経済学の視点から見ると、どのように見えるのかを分かりやすく解説。

著者情報

大竹 文雄(オオタケ フミオ)
大阪大学CiDER特任教授・経済学研究科(兼)。
1961年生まれ。京都府宇治市出身。京都大学経済学部卒。大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。博士(経済学)(大阪大学、1996年)。専門は労働経済学、行動経済学。2008年日本学士院賞。大阪大学理事・副学長、日本経済学会会長などを歴任。現在、大阪大学感染症総合教育研究拠点・特任教授(常勤)。新型インフルエンザ等対策推進会議委員(2021年4月~)。
『行動経済学の使い方』(岩波新書)、『医療現場の行動経済学:すれ違う医者と患者』(東洋経済新報社)、『経済学は役に立ちますか?』竹中平蔵・大竹文雄(東京書籍)、『競争社会の歩き方自分の「強み」を見つけるには』中公新書(中央公論社)、『経済学のセンスを磨く』日経プレミアシリーズ(日本経済新聞出版社)、『格差と希望誰が損をしているか?』(筑摩書房)など著書多数。