東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

経済学は役に立ちますか?

経済学は役に立ちますか?

竹中平蔵・大竹文雄/著

ISBN:978-4-487-80851-9
本体価格1,500円
発売年月日:2018年01月24日
ページ数:248頁
判型:46

解説:
政策運営の重要な役割を担う竹中平蔵氏とEテレ「オイコノミア」などTVで注目の行動経済学者大竹文雄氏との対談本。
現代の課題を経済学の視点から見ると、どのように見えるのかを分かりやすく解説。

著者情報

大竹 文雄(オオタケ フミオ)
1961年京都府宇治市生まれ。
京都大学経済学部卒。大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。
大阪大学博士(経済学)。
大阪府立大学経済学部講師、大阪大学社会経済研究所助教授などを経て、大阪大学社会経済研究所教授。
大阪大学理事・副学長、内閣府税制調査会特別委員、文部科学省中央教育審議会専門委員(初等中等教育分科会)などを歴任。

コンテンツ

第1章 エピソードに翻弄される世界……いま日本と世界で何が起きているか?

1 富の再分配を放棄したアメリカ
2 非効率的な富の再分配を続ける日本
3 機能マヒ状態の日本の政策委員会

第2章 経済学を学ぶと世の中が面白く見える?

1 新古典派経済学から行動経済学へ
2 経済学の理論と政策の現場
3 経済学の世界と霞が関の世界

第3章 経済的センスで考える
1 日本はなぜデフレから抜け出せないのか?
2 価格メカニズムは機能しているのか?
3 「働き方改革」の行方
4 「移民問題」は日本の問題でもある
5 日本の教育における課題はなぜ起きているのか?

第4章 経済学はもっと面白くなる!
1 日本の経済学と世界の経済学
2 メディアに欠落する経済リテラシー
3 経済学は新しい学問。もっと面白くなる!