東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

漂流者の生きかた

漂流者の生きかた

五木寛之・姜尚中/著

ISBN:978-4-487-81121-2
本体価格1,300円
発売年月日:2020年07月10日
ページ数:224頁
判型:46変形

解説:
見えない時代をどう生きるのか?

希望は必ずある!

「鬱の時代」「見えない戦争」「日本人の限界」
「ヘイトスピーチ」「格差社会の壁」「居場所を失った者」「震災と災害」

私たちの現実の切実な問いに
五木寛之と姜尚中が
初めて向き合い
ともに生き方を模索した
魂と魂の対話集。
衝撃の刊行!!

「はじめに」より(姜尚中)


「吹っ切れとる」ひと



エンターテインメントとしての文学の「巨匠」にして、米寿を迎えようとしている現在でも第一線で活躍する五木さん。大家との対談である、緊張しないわけがない。それでも、五木さんと話をしたいと思ったのは、いつまでも枯れずに「青春」を生きているように見える五木さんの、私には異様なほどに旺盛なエネルギーがどこから生まれて来るのか、知りたかったからである。
それが、「引揚者」として生き残った者(サバイバー)の生命力に由来すると知り、意表を突かれた気がした。大切な人たちの犠牲の上に自分は生き延びた、いや、「悪人」だからこそ、生き延びたという思いが、今も五木さんの生命力の源泉になっていることを知り、私は今更ながら、五木さんの「吹っ切れとる」佇まいに脱帽せざるをえなかった。それは、私に欠けている人生の作法でもあったからだ。
その作法を自ら体現していたのは、私の場合で言えば、父であり母であった。彼らは、明らかに「デラシネ」であった。「デラシネ」が、悲哀に満ちた「根無し草」ではなく移植されることでより強くなった草を指すとすれば、彼らにはどこか五木さんと同じような「吹っ切れとる」胆力のようなものが備わっていたのである。五木さんに感じた懐かしさは、そうした父や母と共通する佇まいのせいに違いない。
学生の頃、私は自分たちのことを、日本にも、父母の国にも居場所のない「デラシネ」だと自嘲気味に語っていたものだ。しかし、今から思えば、それはセンチメンタルな「根無し草」の感覚を脱し切れていなかったことになる。そこには、「吹っ切れとる」したたかで柔軟な生きる作法が欠けていたのだ。
私にとって五木さんとの対談の最大の成果は、「吹っ切れとる」「デラシネ」で生きることが、「私たちはどう生きるか」の問いに答えるヒントになることを教えられたことである。

(中略)

五木さんとの対談を通じて、私はあらためて「不確実性の時代」を生きる作法について考えさせられた。読者は本書を通じて、これからますます不確実になっていく時代を生きる手応えのあるヒントを探し出して欲しい。

「あとがき」より(五木寛之)


静かに熱いひと



姜尚中さんとはじめて言葉をかわしたとき、なんと冷静な人だろうと思った。姜さんは私が生まれた福岡の隣の県である熊本で育っている。こちらは筑後であり、小栗峠という峠を越えたむこうは肥後だった。ともに九州の風土と縁があるにもかかわらず、姜さんはあくまで冷静で穏やかな印象だった。
私はひどく軽率な人間で、物事をあまり深く考えず、直感で動いてしまう典型的な九州人タイプなので、姜さんの冷静さが正直うらやましかった。知性とか教養とかいったものの差だろうかとも考えたが、そういうことでもなさそうに思われた。姜さんの静かさの奥には、なにか深い悲しみの気配が宿っていると感じられたのである。

(中略)

はからずも姜さんと語り合う機会を何度も持つうちに、私は自然と姜さんの「熱さ」に気づくことになった。
姜さんは抑制の人である。テレビの討論の場で姜さんが発言すると、なみいる論客たちも口をさしはさまずに耳を傾ける。その穏やかな口調の背後に深く広い世界の重みを嗅ぎとるからだろう。
私は若い頃からデラシネという言葉に執着してきた。一般に用いられるような「根なし草」といった意味でなく、国境をこえて生きる人々の謂である。現代ならさしずめ難民のことだ。それは私たちすべての現代人の運命である。姜さんの冷たく熱い言葉に、今を生きる人間に共通の感覚がある。

著者情報

五木寛之(イツキ ヒロユキ)
1932年(昭和7年)9月福岡県生まれ。
生後まもなく朝鮮に渡り、47年引揚げ。66年『さらば モスクワ愚連隊』で第6回小説現代新人賞、67年『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞、76年『青春の門』ほかで第10回吉川英治文学賞を受賞。
2002年、第50回菊池寛賞、09年にNHK放送文化賞、10年に『親鸞』で第64回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
著書には『朱驚の墓』、『戒厳令の夜』、『生きるヒント』、『大河の一滴』、『他力』、『蓮如─われ深き淵より』、『天命』、『私訳歎異抄』、『日本人のこころ』、『下山の思想』ほか、シリーズに『百寺巡礼』、『21世紀仏教への旅』などがある。
翻訳にリチャード・バック『かもめのジョナサン完成版』、ブルック・ニューマン『リトルターン』などがある。ニューヨークで発売された英文版『TARIKI』は2001年度「BOOK OF THE YEAR」(スピリチュアル部門)銅賞に選ばれた。

著者情報

姜尚中(カン サンジュン)
1950年(昭和25年)8月熊本県生まれ。
政治学者。東京大学名誉教授、熊本県立劇場館長。
専攻は政治学・政治思想史。
著書には、100万部超のベストセラー『悩む力』とその続編『続·悩む力』のほか、『マックス·ウェーバーと近代』、『オリエンタリズムの彼方へ』、『ナショナリズム』、『東北アジア共同の家をめざして』、『日朝関係の克服』、『在日』、『姜尚中の政治学入門』、『愛国の作法』、『リーダーは半歩前を歩け』、『あなたは誰? 私はここにいる』、『心の力』、『悪の力』、『激石のことば』、『維新の影 近代日本一五〇年、思索の旅』、『母の教え:10年後の「悩む力」』、『朝鮮半島と日本の未来』などがある。
小説作品には『母―オモニ―』、『心』がある。

コンテンツ

第Ⅰ部 「鬱の時代」を生き抜く
 悩むことの必要
 躁の時代から鬱の時代へ
 不安の時代における個人の発見
 見えない戦争の時代を生きる
第Ⅱ部 無力=パワーレスパワー
 東日本大震災の空気
 浄土と希望
 「二者択一」ではない世界
 ビニール質の思想
第Ⅲ部 日本人であることの限界
 日本人の御利益と階級社会
 はみだしていった者たちの歴史
 故郷を奪われた者として生きる
 デラシネの末裔
第Ⅳ部 漂流者の生きかた
 働く場所がふるさとだ
 移動する者の減少
 格差が生んだもの
 漂流者の覚悟
第Ⅴ部 おれたちはどう生きるか
 鵺として生きる
 階級社会と格差
 区別されることからのエネルギー
 裁かない生きかた