東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

商品

評価システム 一般書籍

お客様

東京書籍

気候危機がサクッとわかる本_オンデマンド版

気候危機がサクッとわかる本_オンデマンド版

森朗、森田正光/監修  ウェザーマップ/著

ISBN:978-4-487-81610-1
定価2,530円(本体2,300円+税10%)
発売年月日:2022年04月30日
ページ数:208
判型:46

解説:
「最近天気がおかしいのはなぜ?」「集中豪雨や巨大台風はなぜ起きる?」
「地球温暖化ってそんなに深刻?」「水不足による水戦争が起きるかもって本当?」
「私たちは何をしたらいいの?」

…今、世界中で深刻な問題となっている「気候危機」について、
中高生からシニア世代まで、誰にでもわかりやすくサクッと簡潔に解説された一冊。

TBS「ひるおび!」で気象解説を務める森 朗氏と、
最年長お天気キャスターの森田正光氏が監修を担当、
ウェザーマップ所属の8名の気象予報士たちがやさしく教えてくれる「気候危機」の入門書です。
LESSON01〜67まで、図や写真も盛りだくさんで、気候変動や異常気象の「いまさら聞けない」基本的なことや、身近な天気がよくわかります!

はじめに

「気候危機」って何!?
急激に進行している「気候変動」に対して、一刻も早く対策を打たねば手遅れになってしまう……。
そんな緊急性・深刻性の高さから、世界では、もはや「気候変動」ではなく「気候危機」の言葉を用いるのが一般的になってきています。
英語では「Climate Crisis」と言い、さまざまな国や自治体が「気候非常事態宣言」を表明し、この危機的状況への対策に全力で取り組んでいます。
本書は、ウェザーマップ所属の気象予報士たちが説く、「気候危機」に関する、わかりやすい入門書。
地球温暖化の実態から、複雑な気候や天気のしくみ、未来へのアイデアまで、図や写真とともにたっぷり紹介。

「なぜ今、気候危機なのか?」
まずはサクッと知ってみましょう。

森 朗 森田正光

世界各地で起きている深刻な状況とは…

猛烈な台風や、豪雨・洪水、熱波・乾燥、 干ばつ・水不足、寒波、動植物の生態系崩壊など…、 気候危機による、さまざまな影響を写真でお見せします。

絶妙なバランスで保たれてきた地球の気候システムから、 豪雨、気圧、前線、台風、線状降水帯など気象現象のしくみまで、 知っているようで知らなかったことをおさらい!

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の評価報告書 などに基づいて作成したグラフや図と合わせて、 わかりやすく説かれています。

「未明」って何時のことかわかりますか? 知っておきたい天気予報の基本的なことや、 今すぐスマホに入れておきたいアプリもわかります。

著者情報

森田正光(もりたまさみつ)
1950年愛知県名古屋市生まれ。気象予報士、気象キャスター。財団法人日本気象協会を経て、1992年日本初のフリーランスお天気キャスターとなる。親しみやすいキャラクターと個性的な気象解説で人気を集め、テレビやラジオに多数出演するほか、公演活動も積極的に行なっている。現在は株式会社ウェザーマップ代表取締役会長。著書や監修に『空と天気のふしぎ109』(偕成社)、『天気のしくみ-雲のでき方からオーロラの正体まで-【Web動画付き】』(共立出版)、『天気の名前』(世界文化社)、『雲・天気』(学研教育出版) などがある。

著者情報

森 朗(モリ アキラ)
1959年東京都生まれ、兵庫県西宮市育ち。 大学卒業後は日鉄建材工業(現日鉄住金建材)に入社し、経理・総務・営業職に従事。 趣味のウィンドサーフィンや海好きが高じて1995年に気象予報士資格を取得し、株式会社ウェザーマップに入社。 TOKYOMX気象キャスターを経て、TBS「ひるおび!」など、テレビ・ラジオ番組に多数出演。2017年7月より株式会社
ウェザーマップ代表取締役社長。著書に『異常気象はなぜ増えたのか ゼロからわかる天気のしくみ』(祥伝社新書)などがある。

著者情報

ウェザーマップ(ウェザーマップ)
株式会社ウェザーマップは1992年に設立された気象予報会社。創業者は森田正光。現在の代表取締役社長は森朗。
所属する気象予報士は2022年2月現在で144名。NHKやTBS、日本テレビなどをはじめ全国のテレビやラジオで活躍している。

コンテンツ

●CHAPTER1 
知っているようで知らない!? 地球の気候システム
●CHAPTER2
あの頃とは違う…変わっていく地球
●CHAPTER3
気候危機の主因である 地球温暖化の実態
●CHAPTER4
温暖化がもっと進むと… 地球の未来を予測
●CHAPTER5
日々のアクションが大事! 未来を変えるには
●CHAPTER6
すぐには変わらないから… 「今」を生きるために