東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

乙女の文学さんぽ

乙女の文学さんぽ
鎌倉・湘南編

東京書籍編集部/著

ISBN:978-4-487-81113-7
本体価格1,400円
発売年月日:2018年06月23日
ページ数:
判型:A5変形

解説:
古都・鎌倉は、神社仏閣めぐりだけでなく、川端康成、志賀直哉、立原正秋、澁澤龍彦、高浜虚子、高見順など多くの文学者が居を構え、夏目漱石『門』、三島由紀夫『豊饒の海 春の雪』、宮本百合子『この夏』などの名作の舞台・モデルとなった近代文学の聖地としても知られる。
また、現代においても小川糸『ツバキ文具店』、三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』、漫画でも『海街 Diary』や『鎌倉ものがたり』と女子の琴線に響く作品が描かれ続けている。
本書は、そんな鎌倉とその周辺・湘南を「文学+散策」をテーマに紹介し、巡るためのガイド。
各地区を代表する名作の舞台や、作品に沿った散策ルート、また、散策の途中で立ち寄りたいカフェや食事処などの休憩スポットや鎌倉みやげなどを紹介する。

著者情報

東京書籍編集部(とうきょうしょせきへんしゅうぶ)