東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

中途半端もありがたい

中途半端もありがたい
玄侑宗久対談集

玄侑宗久/著

ISBN:978-4-487-80660-7
本体価格1,400円
発売年月日:2012年10月08日
ページ数:288頁
判型:46

解説:
語るとは、聞くこと。だから心に響く。
震災前5篇、震災後5篇を厳選。
【対談者】
木田元/辰巳芳子/五木寛之/養老孟司/片田珠美/山田太一/中沢新一/佐藤優/日野原重明/山折哲雄
いずれも斯界の第一人者。私としては講義を受ける気分だが、それでは対談にならないので半端な言葉を差し挟む。(中略)大震災の前後で自分がどう変わったのかは、読み返してもよくわからない。それは読者の判断に任せ、私としてはこの刺激的な人々の話がすべていつでも読み返せる形になったことを独り歓んでおこう。(まえがきより)

著者情報

玄侑宗久(げんゆうそうきゅう)
1956年、福島県三春町生まれ。慶應義塾大学文学部中国文学科卒業。さまざまな仕事を経て、京都の天龍寺専門道場に入門。現在、三春町・臨済宗妙心寺派福聚寺住織。2001年、『中陰の花』で第125回芥川賞を受賞。2012年2月まで、東日本大震災復興構想会議委員も務めた。