東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

自己意識の心理学

自己意識の心理学
 梶田叡一 自己意識論集Ⅰ

梶田 叡一/著

ISBN:978-4-487-81396-4
本体価格3,000円
発売年月日:2020年07月16日
ページ数:280頁
判型:46

解説:
教育心理学、現代の泰斗による集大成!

京都ノートルダム女子大学学長、兵庫教育大学学長、環太平洋大学学長、奈良学園大学学長、聖ウルスラ学院理事長、桃山学院教育大学学長を歴任し、中央教育審議会副会長をつとめた際には、時の学習指導要領改訂に深く関わるなど、現代日本の教育学の重鎮として知られる梶田叡一先生が、自身の専攻である自己意識心理学の論考をまとめる集大成の第1巻。

〔刊行にあたって〕

この論集は「自己意識論」についての個人選集的なもの(全5巻)となります。
自己意識の問題は、アイデンティティ、自己概念、自己イメージ、自尊感情等々の形で論じられ、現代の心理学・社会学・教育学等において、最も重要な課題の1つとされてきました。
アメリカやヨーロッパでの研究が多いのですが、現在においては日本の若手・中堅の研究者の間でも、非常にポピュラーな研究課題の一つとなっています。[梶田編『自己意識心理学への招待--人とその理論』を参照]。
私自身は、1960年の京都大学文学部入学以来今日まで、一貫してこの領域の問題に取り組んできており、1971年に京都大学から授与された文学博士号も「自己意識の社会心理学的研究」というものでした。
私の研究は教育に関する諸問題にその後拡がってきておりますが、その際の大事な理論的枠組みにも自己意識の問題が大きく関わってきております。
私の周辺の指導的な現役研究者にも、私の積み重ねてきた自己意識に関わる仕事を一つの踏み台としてくれている人が少なくありません。
今回の論集は、私自身のこれまでの自己意識論に関する5冊の単行本を柱としながら、最近の論文等でこれを補い、新しいまとまった形で世に問おうというものです。

著者情報

梶田叡一(かじたえいいち)
1941年生まれ。兵庫教育大学長。
京都大学文学部哲学科(心理学専攻)卒業。
文学博士。大阪大学教授、京都大学教授、京都ノートルダム女子大学学長などを経て、平成16年12月より現職。平成19年2月より中央教育審議会副会長・初等中等教育分科会長など。
主な著書『意識としての自己』(金子書房)、『和魂に学ぶ―日本人の源流を求めて―』(東京書籍)、『教育評価入門―学びと育ちの確かめのために』(協同出版)など。

コンテンツ

プロローグ 自己意識研究のパースペクティブ
 第1章 自己意識とは
 第2章 行動と経験における自己意識
 第3章 自己概念と自己評価
 第4章 自己意識の形成と発達
 第5章 自己と他者
 第6章 自己意識研究と心理学
 第7章 自己意識:どのように問題とし研究するか
 附章1 自己評価的意識の構造的測定の試み
 エピローグ 日本における自己意識研究の歴史