東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

大阪芸大

大阪芸大
破壊者は西からやってくる

向井康介/著

ISBN:978-4-487-81138-0
本体価格1,400円
発売年月日:2019年07月24日
ページ数:
判型:四六

解説:
沼なのか?
 大学なのか?
 大阪府南河内郡、古墳のとなり、最寄駅から徒歩50分、数多くの異能的表現者たちを輩出するナニワのサブカル・エリート養成所、それが大阪芸術大学(通称、大芸)。

大芸出身、今最注目の脚本家が、そこで自身が経験した運命的な4年間を振り返り、また漫画家、俳優、映画監督、俳優、ミュージシャン、ゲームクリエイター、フィギュアイラストレーター、写真家、アーティスト、小説家……などなど、大芸出身者への取材を敢行。
なぜ大阪芸大ばかりが、オリジナリティあふれる、破壊的クリエイターを輩出できるのか、その秘密に映像的な筆致で迫っていく。

コンテンツ

目次

1章 大芸再訪――鬼畜大宴会のころ

2章 異能者たちの大阪芸大――出身者が語る
漫画家 魔夜峰央の証言
事務局長 工藤皇と家族の証言
女優 藤吉久美子の証言
映画監督 山賀博之の証言
俳優 古田新太の証言
大所帯バンド・赤犬 ロビン、リシュウ、グッチの証言
ゲームクリエイター 上田文人の証言
フィギュアイラストレーター デハラユキノリの証言
写真家 名越啓介の証言
パンクバンド・オシリペンペンズ 石井モタコの証言
写真家 佐伯慎亮の証言
作家 山内マリコの証言

3章 そして、どんてん生活へ――回想・制作の日々

そこになかったもの――あとがきにかえて