東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

エドゥアール・マネを見つめて

エドゥアール・マネを見つめて
Artist by Artist

エミール・ゾラ/著 林 卓行/監訳 神田由布子/訳

ISBN:978-4-487-81325-4
定価1,430円(本体1,300円+税10%)
発売年月日:2020年03月14日
ページ数:176頁
判型:A6変型判

解説:
美術史上の巨匠を同時代の人物が描く、ハンディにして骨太の入門書シリーズ。

第2作は、19世紀半ば、『草上の昼食』や『オランピア』を発表し、絵画界にスキャンダルを巻き起こした、フランス絵画の革命家・マネを、長年の友人にして、自然主義文学の巨匠、エミール・ゾラが描く。

オールカラーで代表作多数掲載。

著者情報

エミール・ゾラ(えみーるぞら)

著者情報

林 卓行(はやし たかゆき)
東京藝術大学芸術学科准教授。美術批評、美術理論研究。1969年生まれ。東京藝術大学卒業後、同大学院博士後期課程単位取得退学。専攻は20世紀後半のアメリカを中心とする現代美術研究。
主な著書に『ウォーホル 西洋絵画の巨匠9』(2006、小学館)、共訳書に『ART SINCE 1900 図鑑1900年以後の芸術』(2019)、監訳書に『ミケランジェロ・ブオナローティの生涯』(2020、以上、東京書籍)などがある。

著者情報

神田由布子(かんだゆうこ)

コンテンツ

目 次
はじめに―描かれた会話 林卓行 6
解 説 ロバート・レスブリッジ 9
第1章 新しい絵画の手法 エドゥアール・マネ 29
 Ⅰ マネという人間、マネという画家 38
 Ⅱ マネの作品 71
 Ⅲ マネと公衆 109
第2章 マネの描いた私 モデルになった思い出 123
第3章 マネの与えた影響 追悼展カタログのための序文 135
掲載作品一覧 171
《春(ジャンヌ・ドマルシー)》1881 年