東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

ひとり小鍋

ひとり小鍋
食べたいものを、好きな味で、好きなだけ。自分のための、とびきりおいしい、土鍋のレシピ。

福森道歩/著

ISBN:978-4-487-81168-7
本体価格1,500円
発売年月日:2018年10月29日
ページ数:111
判型:A5判

解説:
ひとりの夜、さて、何を食べようか? あれこれと作るのは、自分のためだけには、なんだか面倒。適当なもので済ませよう。その適当なもので済ませる役目、土鍋に任せてみませんか。土鍋は秋冬だけじゃない、年中使える優秀な「調理道具」であり、そのまま食卓に載せられる「器」もなれます。ひとりの夜を、この上なく楽しく、おいしくしてくれる、最高の土鍋ライフ! そんな料理をたくさん紹介。

著者情報

福森道歩(ふくもりみちほ)
陶芸家、料理人。
三重県の伊賀・丸柱に江戸時代より続く窯元「土楽」の8代目。
短大卒業後、料理研究家のもとで3年、辻調理師専門学校で1年、大徳寺龍光院にて禅寺での生活を1年経験するなど、さまざまな食の在り方を追求。素材の持ち味を生かした料理にファンも多い。