東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

商品

評価システム 一般書籍

お客様

東京書籍

自転車をめぐる誘惑

自転車をめぐる誘惑

疋田 智/文 ドロンジョーヌ恩田/絵とツッコミ

ISBN:978-4-487-80328-6
定価1,430円(本体1,300円+税10%)
発売年月日:2009年03月01日
ページ数:160頁
判型:46

解説:
もはやカリスマ自転車コラムニストの疋田智と自転車界に突如降臨した「妻(サイ)クリスト」救世主・ドロンジョーヌ様による、自転車をめぐる「めくるめく日常の誘惑」のエッセイ&イラスト第2弾。

著者情報

疋田智(ひきたさとし)
自転車で通勤する人=「自転車ツーキニスト」兼コラムニスト兼イラストレーター。
宮崎県で“ブリヂストン・ロードマン”とともに清く正しい自転車少年時代を送るが,長じて清くも正しくもない自転車中年となった。NPO法人自転車活用推進研究会理事,学習院大学生涯学習センター非常勤講師も兼ねる。
著書に『サドルの上で考えた』『自転車をめぐる冒険(ドロンジョーヌ恩田と共著)』(東京書籍),『自転車ツーキニスト』(光文社知恵の森文庫),『自転車とろろん銭湯記』(ハヤカワ文庫),『自転車生活の愉しみ』(朝日新聞社),『日本史の旅は自転車に限る! 正・続』(枻出版),『自転車の安全鉄則』(朝日新書)など多数。

著者情報

ドロンジョーヌ恩田(どろんじょーぬおんだ)
自転車に乗る妻=「妻(サイ)クリスト」兼コラムニスト兼イラストレーター。
雑誌『バイシクルクラブ』(枻出版)での連載などで自転車界でマニア的人気を誇る。
さらりと下品で,女性らしさを逸脱した独特の表現力は,一度ハマると病みつきに。
反面,女性らしいファッション感覚を自転車に取り入れ,新たな自転車の楽しみ方を見つけることで,女性ファンも多い。
そのビジュアルから「ニューハーフ説」「CG説」など囁かれるが,実際は「謎の人妻」。
ホノルル・センチュリー・ライド,乗鞍ヒルクライムなどのレース参加や,サイクルモードでのトークショウなど,自転車界全般にわたって活躍。著書に『自転車をめぐる冒険(疋田智と共著)』(東京書籍)がある。

コンテンツ

はじめに

ピスト・ピスト・ピスト
年の瀬の自転車運転術
漂流する自転車政策
マンションのどこかで大声の誰かが叫んでる
旅はみちづれ,輪行つれづれ
「さすべえ」に見る「安全の優先順位」
電動サポート自転車は,今こそパラダイムシフトを目指せ!
駐輪場こそがマンションの資産価値を変える(かも)
筑紫さんが自転車に乗っていた頃
信州飯田は『自転車の町』!
東京都心で小さな坂と街自体を味わう
“ヤフーオークション”というタイムマシン
オヤジたちよ! 今こそ自転車に夢を託せ!
みやがっちょっと,いかんとよ
醤油注しから昭和の風景をのぞむ
韓国からのテレビクルー
猛暑の中,サドルに跨ると,考えざるを得ない
自転車に関わる先生方は,少しは自転車のことを勉強していただきたい
自転車と自動車は(当然ながら)対等である

あとがき