東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

ビジュアルマップ大図鑑 世界史


ビジュアルマップ大図鑑 世界史

DK社/編著 スミソニアン協会/監修 本村凌二/日本語版監修
アフリカで生まれ、世界中に移動し、そして今、宇宙へと進出しようとする人類500万年の歴史を、テーマに即した豊富な地図、写真、イラストで解説するビジュアル大図鑑。 西欧はもちろん、アジア、アフリカ、アメリカ、オセアニアなどの文化や動向までを押さえた、世界史上の重要で興味深い162のテーマを、グラフィカルな地図をメインに用いて時系列で配置しているため、全世界の歴史の流れと文化の多様性が自然に統合されながら理解できるよう工夫されている。 〔本書の特長〕 ・人類誕生から現在まで世界の歴史を精細なヴィジュアル表現で解説した決定版的図鑑 ・世界最大の研究所・博物館群であるスミソニアン協会による監修 ・縦軸としての歴史と横軸としての文化的広がりを1冊に集約

ISBN:978-4-487-81231-8
本体価格6,500円
発売年月日:2020年05月25日

iPS細胞の歩みと挑戦


iPS細胞の歩みと挑戦

京都大学iPS細胞研究所 国際広報室/編 中内彩香、和田濵裕之/著
京都大学iPS細胞研究所 [所長・山中伸弥] 設立10周年記念出版 人類の運命を左右するiPS細胞 iPS細胞はいかに誕生し、 未来をどう変えていくのか まだ見ぬ生命の謎を解き明かすため、 新たな治療法を世に送り出すため、 研究者の挑戦はつづく

ISBN:978-4-487-81301-8
本体価格2,000円
発売年月日:2020年05月18日

移民の世界史


移民の世界史

ロビン・コーエン/著 小巻靖子/訳
先史時代の出アフリカから、現代の移民にいたる「人類の大移動史」 ・写真や地図、グラフが豊富な歴史社会学の本 本書では、 巡礼者、労働者、難民、探検家、亡命者、留学生、旅行者、退職者など、 「人の移動」を44のテーマに分けてみていき、その全体像をとらえていく。 ・古生物学、人口統計学、地理学、社会学など、多くの学問の研究対象となる「人の移動」 「人の移動」は、 奴隷貿易のように強制的に行われるものもあれば、 新天地を求めて自発的に土地を離れる場合もある。 国家の独立や分離といった政治的な争いも「人の移動」の歴史に大いに関係する。 ・現代における「人の移動」 「移民」は、内戦や、気候変動の影響で移住を余儀なくされる人びとばかりではない。 UAEをはじめとする中東諸国の労働力を担う東南アジア出身の未熟練労働者たちや、 ヨーロッパにおける移民は、仕事を求めて自ら移住を選んだ人びとである。 高い専門性を持った人材が国外に出ていってしまう「頭脳流出」の問題を抱えた国もあれば、 フィリピンのように失業率の低下や外貨獲得を目的として、国が「労働力」の輸出を推進するケースもあり、 移住の理由はさまざまである。 世界中の「移民」の歴史とこれからに迫る!

ISBN:978-4-487-81254-7
本体価格2,600円
発売年月日:2020年05月14日