東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

小学校英語教育ハンドブック

小学校英語教育ハンドブック
―理論と実践―
小学校英語教育にかかわるすべての方へ

小学校英語教育学会20周年記念誌編集委員会/編

ISBN:978-4-487-81424-4
本体価格2,400円
発売年月日:2020年10月22日
ページ数:184
判型:B5判

解説:
「小学校における英語教育の理論と実践を研究し、小学校英語教育の発展に寄与する」ことを目的として、
2000年に発足した小学校英語教育学会がつくった「小学校英語教育の集大成、これぞ決定版」。

小学校英語教育の過去・現在・未来、日々の実践とその裏付けとなる理論を紹介し、小学校英語教育に携わる指導者・教職を目指す人たちへの羅針盤となる1冊。
小学校英語教育の専門家が言語活動、読み書き、評価など最重要事項を豊富な実践例で分かりやすく解説。

巻頭言 小学校英語教育学会 20 周年記念誌 『小学校英語教育ハンドブック』の刊行にあたって

小学校英語教育学会(JES)は,「小学校における英語教育の理論と実践を研究し,小学校英語教育の発展に寄与する」ことを目的として,2000 年に発足した学会です。2020 年は,本学会の 20 周年の節目を迎えるにあたり,これまでの本学会の歩みの集大成として,本書をまとめることとなりました。
本学会の 20 年の節目は,わが国初の小学校における外国語(英語)の教科化とも時を同じくしており,これまでの小学校英語に関わる研究と実践の地図を確認し,私たちの現在位置を知り,これからの方向性を考えるべき,重要な局面でもあります。その意味で,本書をまとめることは,本学会の 20 周年の記念としてだけでなく,新しい制度のはじまりを契機とした, 小学校で英語を学ぶ,教えるという営みについての俯瞰と省察の機会であると言うことができます。
本学会はそもそも,純粋な学問研究を中心とする学会というよりは,教科教育の学会として, 子どもの教育に携わる実践者と子どもの習得や指導実践に関心を持つ研究者が集まり,形成されていったという性格があります。そのため,以下の 2 つの方向性を大切にしてきたと言えるでしょう。1 つは,実践だけからは見えにくいものを捉え,改善の手がかりにするために,学問研究の成果や知見を得て実践に活かすという方向性です。もう 1 つは,学問研究からのトップダウン的な応用に偏することなく,教育の改善や課題解決に資する研究や実践を追求するということです。実践者のニーズや課題を重視するという方向性は,本学会がとりわけ大切にしてきたものです。
これらの方向性は,本書にも反映されており,<理論編>(全 16 節)は実践に有用と考えられる習得や指導の原理や知見や今後の課題等をまとめ,<実践編>(全 9 節)はそれをうけて,実践のポイントや提案をまとめました。本書においては,<理論編>と<実践編>の関連性を高めるために,編集する中で具体的な取り組みを行っています。例えば,編集当初の分野トピックの絞り込みにおいて実践者の意識調査を行い,本書がカバーする分野の実践への関連性を高めました。また<理論編>においては,研究成果を単に紹介するのではなく,冒頭に実践者が抱くであろう課題を示して,関連した研究や理論を精選し記述するなどの努力を行いました。さらに<実践編>では,単に実践を紹介するのではなく,<理論編>との関連性や整合性を意識しながら執筆いたしました。
本書は,小学校英語に関わる多くの分野をカバーし,専門的知見・実践的知見を統合的にまとめた書物であり,20 年の節目にあって,本学会の研究と実践の歩みにおける一里塚となったのではないかと考えています。しかし,小学校英語に関しては未開拓の分野・課題も多く, 一里塚はまだまだ「道半ば」であることも意識したいと思います。忌憚のないご意見をいただきながら,これからも小学校英語の実践と研究の取り組みを続けるべきであるということを, 皆様方と共有しておきたいと思います。
おわりに,本学会に属する人の多くは,何らかの意味で,子どもが英語を学ぶことに興味を持っていたり,その意義や可能性を信ずる人間であると思います。本書で筆を執ってくださった筆者たちも例外ではなく,それぞれの節での記述のそこかしこに,そうした,子どもの英語の教育や研究に携わる人間の温かい目線が感じられると思います。本書を手に取った方々もぜひ,英語でやりとりする子どもの笑顔や,一生懸命英語を学ぼうとする子どものまなざしを思い浮かべながら,読み進めていただきたいと思います。英語に取り組む子どもの姿を思い浮かべながら教育と研究を進めることこそが,本学会の大切にしたいところだからです。
小学校英語教育学会 20 周年記念誌の編集を進めるにあたり,執筆をいただいた平成 30 年度の理事を中心とする先生方,実践協力者の先生方をはじめ,多くの方々にご協力を賜りました。深く感謝の意を表したいと思います。また本書の編集において,染谷有美さんには誠に丁寧かつ真摯に原稿の整えをしていただき,心からの謝意をお伝えしたいと思います。最後に,本書の刊行にご尽力くださった東京書籍の関係者の皆様に厚くお礼を申し上げます。

令和2年6月1日
小学校英語教育学会 20 周年記念誌編集委員会
委員長 萬谷 隆一