東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

算数・数学で何ができるの?

算数・数学で何ができるの?
算数と数学の基本がわかる図鑑

DK社/編 松野 陽一郎/監訳 上原昌子/訳

ISBN:978-4-487-81405-3
定価2,200円(本体2,000円+税10%)
発売年月日:2021年01月20日
ページ数:128
判型:B5変型

解説:
算数や数学に対するきみの考えがすっかり変わるかもしれないよ!
きみは気づいていないかもしれないけれど、暗号を解くことからテレビ番組で賞品を当てることまで、そして、彗星の予測から犯罪事件の解決まで、世の中のあらゆることをコントロールしているのは、数学なんだ。
この本では、とっても重要な数学の考えや数学にかかわる発明が「どうやって生まれたのか」を探り出し、「どのように利用するのか」を説明して、ピラミッドの測り方から大金持ちになった方法まで、「どんなことに役立っているのか」を見つけていくよ。

算数・数学の面白さがわかる絵図鑑。

『算数・数学で何ができるの?』紹介動画

推薦の言葉

びっくりするようなおもしろさ、美しさがたっぷりの算数・数学の世界、だれでも行けて、だれでも楽しく探検できます。
行き方は人によってさまざま、あなたにとってどんなことがきっかけになるか、まだだれも知りません。
この本には、算数・数学の世界への扉が、たくさんあります。
あなたが気に入る扉が、きっと見つかります。

開成高等学校・中学校数学科教諭
松野陽一郎(本書監訳者)

著者情報

DK社(でぃーけーしゃ)
イギリスの出版社。1974年にロンドンにて創業。世界最大の出版グループPenguin Random Houseの一員。子供から大人まで幅広い世代に向けた本を数多く出版しており、そのビジュアルの美しさと内容の面白さで高い評価を得ている。

著者情報

松野 陽一郎(まつのよういちろう)
1972年東京生まれ。1991年武蔵高等学校卒業。1995年京都大学理学部卒業(数学専攻)。1997年京都大学大学院理学研究科数学・数理解析専攻数学系修士課程修了(数理物理学、表現論)。1997年開成高等学校・中学校に数学科教諭として着任、現在に至る。

著者情報

上原昌子(ウエハラマサコ)