東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

昭和天皇実録 第一

昭和天皇実録 第一

宮内庁/編修

ISBN:978-4-487-74401-5
本体価格1,890円
発売年月日:2015年03月27日
ページ数:724頁
判型:菊

解説:
『昭和天皇実録』は平成2年より、宮内庁において24年間の歳月をかけ編修され、平成26年8月、本文60巻が天皇皇后両陛下に奉呈されました。
明治34年の御誕生から昭和64年の崩御に至るまでの89年間、「激動の時代」を生きた天皇の御事蹟、そしてそれにまつわる日本の政治、社会、文化などを余すところなく記述されています。
そこにはそれまで知られていなかった昭和天皇の生きた御姿とその時代が、生き生きと記されています。
読者の圧倒的な期待の声のなか、本文18冊+索引1冊にまとめられた公刊本『昭和天皇実録』全19冊をこのたび刊行いたします。
【『昭和天皇実録 第一』の内容】
〈誕生〉
かつてない激動の時代の予感の中に誕生された、その御方は「裕仁」と名づけられた。
明治国家を築いた人々に囲まれながら成長される。
明治天皇の崩御と、師・乃木希典の衝撃的な死。
戦争と平和、人間と国家の実像を描ききり、
明治から昭和という、未曽有の「歴史」そのものを目撃する19冊。いよいよ刊行開始!

著者情報

宮内庁(クナイチョウ)

コンテンツ

[主な内容]
御誕生
御名は裕仁、御称号は迪宮
海軍中将川村純義に預けられる
弟雍仁親王、宣仁親王の誕生
日露戦争
川村純義の死
御用邸での日々
動物、昆虫、貝への御興味
御両親との御情愛
学習院初等学科
御学友たち
裕仁新イソップ 大相撲御観覧
明治天皇崩御
皇太子となる
学習院長乃木希典の自刃
ほか