東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

ICT サポート情報 分かる できる 楽しい授業に
サポート情報

 板橋区では全小学校の普通教室に電子黒板と実物投影機が整備されており,板橋区立板橋第八小学校(柳澤忠男校長)では国語,算数,理科,社会,外国語のデジタル教科書を活用しながら「板橋区授業スタンダード」に基づいて「分かる できる 楽しい」授業展開に努めている。6年生理科の授業を取材した。授業者は重政敏之教諭。重政教諭は区の情報教育部会に所属している。

■知識の定着を図り考える時間を確保

 6年生の教室前には夏休みの自由研究が陳列されていた。食虫植物の研究や地球とブラックホール,レモン電池など,理科に関する調べ学習が多い。「目にしみない玉ねぎの切り方」の研究では10種類以上の興味深い実験を考案,検証してレベル分けまでされていた。

 この日の授業は「太陽と月の形」だ。前時の復習では重政教諭自作のフラッシュカードで「新月」や「三日月」などの形を復習。月は,右から満ちて満月になると右から欠けることを確認した。

電子黒板を全教室に整備。360度パノラマ写真で実験の結果を共有

電子黒板を全教室に整備。360度パノラマ写真で実験の結果を共有

 今日は「なぜ日によって月の形が変わるのか」を実験によって理解する。太陽に見立てた懐中電灯と月に見立てたボールを使った模擬実験だ。

 児童はボールの配置を変えながら,光を当てたときの様子をワークシートに記入していく。

 

アニメーションでも見え方を確認した

アニメーションでも見え方を確認した

 

 実験の終了後,重政教諭は,指導者用デジタル教科書のコンテンツ「360度パノラマ写真」を提示した。これは模擬実験の様子を360度の向きで撮影した写真で,それぞれの位置で月がどのような見え方をするのかを確認できる。これにより「正しい方法で行った場合の実験結果」を全員で共有。さらに「月の位置と月の形」のアニメーションからそれぞれの位置で見える月の形を確認して定着を図った。

 

  1. 1)授業の始めに学習のねらいを明確に示し,授業の終わりに子ども自身で学んだことを振り返らせます。
  2. 2)子どもが自分で課題を解決する時間を確保します。
  3. 3)友達と自分の考えを交流してお互いの考えのよさに気付き,よりよい考えを創り出す時間を確保します。
  4. 4)電子黒板や実物投影機などのICT機器を活用して,「分かる できる 楽しい」授業を進めます。
  5. 5)算数・数学,英語の授業での習熟度別指導の実施や,補充的な学習で区独自のフィードバック学習教材を活用するなど,基礎的・基本的な知識・技能を確実に習得する学習を充実します。

板橋区 授業スタンダード(平成28年作成)

■キーワードを提示 「まとめ」を記述

 授業のまとめでは,「なぜ日によって月の形が変わるのか」について,各自のノートに記述でまとめる。まとめるためのキーワードを児童に質問すると「月,太陽,地球,位置,光」などが出た。ある児童は「太陽と月の位置関係が毎日少しずつ変わることで,地球からの見え方が変わる」とまとめていた。

 重政教諭は「まずは実体験を大事にしてから,確かな知識のフォローや定着のためにデジタル教科書のコンテンツを活用している」と語る。「実験結果にはバラつきがあり,実験に失敗することもある。その実験が上手くいったときにはこのような結果になる,とデジタル教科書のコンテンツで明確に提示できる点がとても良い。実験の説明動画もわかりやすく,実際の実験や考える時間を確保できる。単元最後のコラムにも動画があり,発展的な学びに結び付けやすい」

 現在使っている理科のデジタル教科書については「起動が速い。迅速さは児童の集中力を途切れさせない授業展開のために重要なポイント。使い勝手には満足している」と語った。

■学校予算で整備

柳澤忠男 校長

柳澤忠男 校長

 柳澤校長はこの日の授業について「実験をまず全員が体験してから,正しい実験結果をデジタル教科書のコンテンツで確認できる点が良い」と語った。同校には今年度から赴任しており「電子黒板が2年前から常設され,各教科のデジタル教科書や実物投影機もそろっているので,教員の活用率は高い。この環境であれば,ICT支援員が常駐でなくても運用できる」と話す。板橋区では算数を除くデジタル教科書は各校予算で配備している。「電子黒板が設置された初年度に配備し,その年に整備できない場合は次の年に整備することで全教科そろった」という。次年度からはPC室のコンピュータがタブレット型に変わり,教室でもグループ活動などでタブレットPCが活用できるようになる予定であり,さらなる授業改善が期待できそうだ。

【掲載 2017/10/02付 教育家庭新聞】
※執筆者の所属や役職は執筆時のものです

前のページに戻る

ページの先頭へ