東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

Web評価支援システム

Web評価支援システム

箕面子どもステップアップ調査とは

箕面市では,平成24年(2012年)度から全ての市立小・中学校で全学年の児童生徒を対象に「箕面学力・体力・生活状況総合調査(箕面子どもステップアップ調査)」を実施しており(下表を参照),それぞれの調査には教育事業本部が開発した商品「標準学力調査」,「NEW体力テスト」,「i-check」が採用されています。これらの採点・集計業務も東京書籍が行っています。


この調査の大きな特徴は,各調査結果のデータを集積し,経年で管理していくデータベース的システム,「ステップアップシステム」の存在です。ステップアップシステムは,固有の「児童生徒番号」を児童生徒に入学時点で割り振り,この番号によって全調査の個人データをひも付けし,管理することができます。そのため,子ども一人一人の経年変化を追うことはもちろん,同一集団の経年変化も追い続けることが可能になります。箕面市と東京書籍はともにこのシステムの構築を進め,平成26年(2014年)度に本稼働させました。既に3年間の調査結果が管理されており,今後もデータが蓄積されるので,将来的には最大で9年間,個々の子どものデータ(次項「個人カルテの抜粋」を参照)を管理することができるようになります。

個人カルテ

これはステップアップシステムが提供している、子どもの学力等の状況を経年で表示した「個人カルテ」の一部です。
学力調査は標準スコア(偏差値)を用いており、個人の学力の変化を比較することが可能です。
また、i-checkでは、いわゆる通常の生活状況調査とは異なり、生活状況に加えて、自己肯定感や家族関係、社会性などについても調査でき、それらの項目の変化を見ることができます。

  • 学力調査は正答率と標準スコア(偏差値)を採用。経年変化は標準スコア(偏差値)で示す。
  • i-checkは,生活状況に加えて,自己肯定感や家族関係,社会性などについても調査可能。
  • 教員の指導力の参考にもなるので,校内や自治体でその技術を共有していくことができる。
  • 握力や50m走などの,さまざまな「体力」データも調査・集計している。

ステップアップシステムからiFutureへ

東京書籍では箕面市で使われているステップアップシステムを基に、学力調査等の評価データと校務支援システムのデータの連携を目指した、「次世代型校務支援システムiFuture」をリリースしました。iFutureを活用することで、箕面市で実現しているような子どもたちのデータの蓄積と、データの分析や活用を実現することが可能となります。


iFutureでは授業・学習支援システムと校務支援システムを連携して運用し、学習記録データなどを蓄積・分析します。これにより指導力や学びの質の向上と併せて、学級・学校運営の改善、教員の業務負担の軽減などを実現することが可能になります。

お申し込み・内容についてのお問い合わせ

東京書籍株式会社 教育事業本部
Webからのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら

【東日本】

〒114-8524 東京都北区堀船 2-17-1

TEL:03-5390-7521

FAX:03-5390-7582

【西日本】

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-4-10 大阪東書ビル

TEL:06-6397-1354

FAX:06-6397-1357