東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

標準学力調査

標準学力調査
価格はこちら

調査問題の設計

調査問題の設計①

記述・論述式の問題の割合は、全体の約40%です。

調査問題の設計②

国語、社会、算数・数学、理科、英語について、
履修対象となる学年をすべて網羅したラインナップになっています

標準学力調査に、新しく「小学校英語」が加わりました。

読解問題や記述式問題、知識や技能を活用する問題を取り入れています

学習指導要領に示す目標に照らして、その実現状況を評価する問題を作成しています。思考力・判断力・表現力等の「確かな学力」を問う読解や記述式問題、知識・技能を活用する問題等、質の高い調査問題を提供します。

教科書執筆者・教科書部門・学力調査部門の共同作問体制による調査問題を提供します

学習指導要領に精通し、さらに学力調査問題のスタイルを熟知して、はじめて質の高い調査問題が作成できます。
東京書籍では、教科書部門(編集局)と学力調査部門(評価事業本部)、さらに教科書の執筆者(編集委員・監修者)を加えた問題作成委員会を設置して問題作成にあたっています。

わかりやすい調査結果資料を提供します

どこでどうつまずいているのか、どこに課題があるのか、それが結果データから、一目でわかるよう、「誤答分析シート」「記述問題解答類型一覧」などわかりやすい結果資料をご用意しました。

評価の方法(段階評価)

「段階評価方式」の学力調査で子供たちに新しい学びを!
「段階評価方式」の学力調査で子供たちに新しい学びを!

新学習指導要領で育成する資質・能力の一つに「学びに向かう力」があります。
変化が激しく予測が困難な現代社会では、子供たちが主体的に学ぶ学習者として成長していくことが強く求められています。
「学びに向かう力」でキーワードになるのは「自己調整力」です。
自らの学習状況を把握し、学習の進め方を試行錯誤しながら調整していく力は、自律した学習習慣を確立する上で重要です。
子供たち自身が、“自分は何がわかっていて、何がわからないのか”を知り、“何をどう勉強したらいいのか”を自分で判断していくことに、学力向上のカギがあるといえます。
そこで、東京書籍は、子供たちが理解の状況を客観的に認識し、次の学習活動の見通しをもつことができる、新しい評価方式「段階評価方式」を開発しました。

新しい学力指標「段階評価方式」とは?
1 新しい学力指標「ステップ」
2 個別最適化した「 ステップアップ」
3 より良い授業づくりが可能に
「段階評価方式」のメリット
「段階評価方式」の結果資料
「段階評価方式」の結果資料
ステップ別人数比
ステップ別分析シート
ステップ別分析シート(難易度別一覧)
役立つ結果資料
役立つ結果資料
誤答分析シート
段階評価方式の個人票
段階評価方式の個人票

2種類の調査問題

2種類の調査問題から選べる!

結果資料(学校/個人)

「段階評価方式」の結果資料
ステップ別分析シート
ステップ別分析シート
役立つ結果資料
役立つ結果資料
段階評価方式の個人票
段階評価方式の個人票

教科・学年ラインナップ

教科・学年ラインナップ

♦小1の3学期実施版と小2の1学期実施版は、回答用紙が問題と一体型です。
※3学期実施版の全面改訂版は、中3の発行はありません。

お申し込み・内容についてのお問い合わせ

東京書籍株式会社 教育事業本部 (営業部)
Webからのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら

【東日本】

〒114-8524 東京都北区堀船 2-17-1

TEL:03-5390-7451

FAX:03-5390-7582

【西日本】

〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-4-10 大阪東書ビル

TEL:06-6397-1354

FAX:06-6397-1357