東京書籍

東京書籍 これからでる本

新刊書

坂口恭平/著
ISBN:978-4-487-80585-3 
発売予定日:2017-01-30
作家,建築家,音楽家,画家,新政府内閣総理大臣,自殺者ゼロ運動家であり,水。 坂口恭平――。 彼の2011年の新政府立ち上げから,2015年の小説家としての活動に至るまで, 彼自身が「自動筆記」と呼ぶ,全ツイートを徹底して厳選し,再構成。 坂口恭平の「行動・創造=発光」の軌跡(プロセス)をそのまま定着,原稿化。 これは「日記」でもあり,「自伝」でもあり,「物語」でもあり,「思考(夢)の現実化」の記録でもある。 「現在の坂口恭平を構成しているものが見えてくる」
五木寛之・本田哲郎/著
ISBN:978-4-487-80980-6 
発売予定日:2017-02-10
死と隣り合わせという極限状態の中で出会った,五木寛之の「歎異抄」(親鸞)。 年間100人もの路上生活者を大阪・西成区釜ヶ崎で弔う,本田哲郎の「聖書」。 この二著はふたりに,そして私たちに何を語ろうとしたのか?  五木寛之が「自分が死ぬまでに何としても会いたかった」という本田哲郎との「いのちの対話」である。
堺屋太一/著
ISBN:978-4-487-81016-1 
発売予定日:2017-02-27
綿密な取材と調査によって、日本人にとって「忠臣蔵」はどんな意味があるのかを圧倒的なリアリティで描き出した、堺屋太一歴史小説の代表作。NHK大河ドラマ原作。著者による詳細な書下ろし作品解説を収録。
堺屋太一/著
ISBN:978-4-487-81017-8 
発売予定日:2017-02-27
綿密な取材と調査によって、日本人にとって「忠臣蔵」はどんな意味があるのかを圧倒的なリアリティで描き出した、堺屋太一歴史小説の代表作。NHK大河ドラマ原作。著者による詳細な書下ろし作品解説を収録。
k.m.p./著
ISBN:978-4-487-81006-2 
発売予定日:2017-03-16
世界の辺境を旅してきた人気ユニットk.m.p.が今回訪れた場所……それはなんと春の台湾! ほぼ1カ月かけて、鉄道、バス、バイク、飛行機約20都市を一周します。いつもながらのかわいいイラストと豊富な写真で、台湾の魅力とお役立ち情報を、k.m.p.流に徹底的にご紹介します! k.m.p.が「久しぶりに」訪れる台湾は、変化があったり、変わらないままだったり。夜市の屋台で食べ歩きしたり、古い歴史ある町並みが魅力的な老街をブラブラしたり、オシャレなカフェやスイーツ、リノベスポット、お寺、温泉、キュンとくる建物やデザイン、町のイヌネコたち、ほっこり温泉、かわいいお土産、乗り物話、ホテル事情、駅弁、旅先での心温まる出会いと、どこか似ていて心が近く感じる台湾の人々の優しさが伝わってくるエピソード……などなど、台湾の魅力と台湾を旅する空気感をた~っぷりお伝えします。 もちろん、移動情報や出発前の段取りも満載で、旅のシミュレーションもバッチリ。

本を探す

詳細検索はこちら   検索方法はこちら