東京書籍

東京書籍 これからでる本

新刊書

東京書籍編集部/編
ISBN:978-4-487-80910-3 
発売予定日:2017-09-20
英語と日本語の両方で身の回りのものの名前を覚えるための読み上げモジュール付かるたゲームです。 起きてから寝るまでに日常的に使うもの、街や公園で必ず見かけるもの、食べもの、乗りもの、動物、植物など、常識として身につけておきたい600項目以上のものの名前を場面別ジャンル別に分けて収録しています。 すべての単語には、簡単な3つの文でそれぞれの単語を示すヒントも収録されており、このヒントを聴いてカードをとるゲームを繰り返し楽しんでいるうちに、ヒントの中で使われている定番のフレーズや叙述表現なども習得していけます。 イラストや文字に集中しながら、繰り返し音声を聴くことで、あっという間にイメージと言葉をまるごと結びつけて覚え、暗唱することもできるようになります。 ●生活必須単語600語以上をみるみる覚えちゃう! 起きてから寝るまでに日常的に使うもの、街や公園で必ず見かけるもの、食べもの、乗りもの、動物、植物など、常識として身につけておきたい600項目以上の身の回りのものの名前を場面別ジャンル別に分けて収録しています。 ●3ヒントクイズモードで簡単な言い回し表現も習得! すべての単語には、簡単な3つの文でそれぞれの単語を示すヒントが収録されています。このヒントを聴いてカードをとるゲームを繰り返し楽しんでいるうちに、ヒントの中で使われている定番のフレーズや叙述表現なども習得していけます。 ●遊んでいるうちに言葉が口から飛び出すようになる! イラストや文字に集中しながら、繰り返し音声を聴くことで、あっという間にイメージと言葉をまるごと結びつけて覚え、暗唱することもできるようになります。
海後宗臣/著 寺﨑昌男・斉藤利彦・越川 求/編
ISBN:978-4-487-81007-9 
発売予定日:2017-09-28
近代教育を築いた海後宗臣の新発掘論文集。戦前・戦中・戦後期の教育改革論が現代のカリキュラムや教育実践につながる貴重な論文集。戦後教育改革、カリキュラム改革運動、東大附属学校創立の意味、極東軍事裁判速記録など、今なお貴重な資料が初めて明かされる。教育学の第一人者である寺﨑昌男らによる、充実した解題、解説付き。
クライブ・ギフォード/著
ISBN:978-4-487-81078-9 
発売予定日:2017-10-02
≪無料のアプリでAR(拡張現実)を楽しめる!≫ スマートフォンやタブレットに「ロボット図鑑AR」のアプリをダウンロードして、本を読みながら遊ぼう!画面上でドローンを飛ばしたり、Wi-Fiに接続すれば2人でロボットバトルができるよ! ≪ロボットの「今」がわかるコンパクトな図鑑!≫ 世界で開発されているロボットは、いったいどんなところで活躍するのかな? 日本で開発中のロボットも紹介しているよ! ≪えっ これもロボットの仲間?!≫ 自分で自由に動きまわるロボットもいれば、人間が操作して動くドローンや、工場に固定されているロボットアームなど、種類はさまざまだ。自分が研究者だったらどんなロボットをつくるか、想像してみてね。 ≪本書で紹介するロボットの例≫ ・工場で働くロボット ・災害現場のロボット ・スパイするロボット ・医療現場のロボット ・宇宙で働くロボット…など
ブルック・ディジョヴァンニ・エヴァンス/著 筧菜奈子/訳
ISBN:978-4-487-81059-8 
発売予定日:2017-10-04
西洋の有名絵画21枚を見開きで取り上げ、その絵に隠れているもの(持ち物、小物、生き物etc)をよく観察しながら探し出していく今までになかった画期的絵本。 絵の見方を一方的に解説するのではなく、子どもがアートたんてい(Art Sleuth)になって、時代を代表する名画に描かれている世界に没入し、くまなく探すことを楽しみながら、物事をじっくりと観察する力を養うことができる。また、その絵を読み解くことで描かれた時代の文化や絵画技法についても触れることができるので、さらに深い学びを得ることが出来る。 見る楽しみ、探す楽しみ、読み解く楽しみ、理解する楽しみ、子どもたちの知的好奇心を満たして発展させる全てが詰まった絵本。
あまのじゃくとへそまがり/著
ISBN:978-4-487-81055-0 
発売予定日:2017-10-10
wanderingとは、「うろつく」「さまよう」という意味。虫・鳥・ハチュウ類・哺乳類…あらゆる魅惑の生きものたちを革作品で再現。豪華な執筆陣によるコメントも必読!味のある生きもの図鑑としても楽しめる、未知との出会いの書。
五十嵐加奈子/翻訳
ISBN:978-4-487-81056-7 
発売予定日:2017-11-01
レゴ社公認の東京書籍レゴシリーズ最新刊。今回の特徴は,毎日365日分,レゴの知的で創造的な世界を楽しめるものとなっています。本書で読者に次のように呼びかけます。「ひらめこう」「もう一歩踏み込む」「解決の糸口はどこ」「完成のその先へ」「あせらず冷静に」……もう,ドキドキ,ワクワクしてきますね。 レゴ中級者からすご腕ビルダーまでの好奇心をかきたてる選りすぐりのレゴ作品が365点あり,まさにレゴファンにはたまらない1冊。今日はどのページにチャレンジしようかな!  レゴを取り巻く日本の環境も変わりつつあります。2017年4月1日には,国内初のテーマパーク「レゴランド・ジャパン」が名古屋市港区にオープン。レゴの人気はますます広がります。レゴ社は日本国内では教育部門の事業に力を入れており,「レゴで知育を」とうたうレゴスクールも全国に展開しています。

本を探す

詳細検索はこちら   検索方法はこちら