東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

書籍編集の現場から

漂流者の生きかた
『漂流者の生きかた』
五木寛之・姜尚中/共著
本体価格1,300円
五木先生,姜先生サイン
本書の刊行から1カ月後に記念対談が行われ,
五木先生,姜先生の両名がサインをされた貴重な一冊。

『漂流者の生きかた』

─君のために本を出す─
 東京書籍の一般書籍の中で最も多くの著作を出されている方はどなたであろうか。
 まぎれもなく,五木寛之先生であろう。1996年の『物語の森へ』から始まり,2020年の最新刊『漂流者の生きかた』(五木寛之・姜尚中 共著)まで著作タイトルは23冊にも及ぶ。五木先生は東京書籍100周年記念パーティー(2009年10月1日,椿山荘)の際にも祝辞を述べていただき,会社案内の巻頭にも激励のメッセージをお寄せいただいている。私にとって衝撃的で忘れられないのは,2007年『私訳 歎異抄』刊行記念講演会での発言だ。五木先生は次のようなことを話された。
「幸いなことに多くの出版社が私の本を出したがっている。それを,どうして東京書籍から出版したかというと,そこにいるKという男がしつこくて,うるさいからだ。会いたくもないのに,会ってくれ,会ってくれという手紙を毎年しょっちゅう送ってくる。あまりにもしつこいので,Kのために本を出すことにした」
 Kというのは,当時の五木先生の担当者で,書籍編集部の大先輩の方だが,このときの胸の鼓動は今でもよみがえってくる。
──君のために本を出す──。著者と編集者との理想的な姿を垣間見た。

 それから十二年。『漂流者の生きかた』の編集半ばで,Kさんは定年退職をされた。
 突然,バトンは私に渡された。五木先生の後任が私につとまるのだろうか。姜先生にはどうやってご挨拶をすればいいのだろうか。1カ月間,思い悩んだ方策や文章をノートに書きなぐっていた。そして,意を決して,手書きの手紙を出し続けることにした。
 拝啓 五木寛之先生,拝啓 姜尚中先生。
 ポストに投函するときの緊張感が今も右手に残っている。
 しばらくして,姜先生からのお葉書が舞い込み,五木先生のマネージャーさんからも返信が届くようになった。疑心暗鬼ながらも,編集再開の手ごたえを感じ,ようやくつかみかけた両先生との細い糸を,途中で途切れないように途切れないように,丁寧に丁寧にくくり続けていった。
──君のために本を出す──。そんな日が自分にも来ることを祈っていた。

 新型コロナウイルスは,私たちの日常を変えてしまった。しかし,新しい生活様式とはいったい何なのだろうか。国の指導者も私たちもさまよっている。日本中がまさに「漂流者」となってしまった。すべてが見えない時代にあって,漂流者はどのように生きていくのか。故郷の喪失,格差の拡大,ヘイトスピーチ,鬱の苦しみ。これらの難題を予期していたかのように,五木寛之と姜尚中の二人が初めて向き合い,自らの人生とあわせて新たな生きかたを模索していく。魂と魂の対話ともいえる発言の1行1行から,読者は必ずや多くの啓示や示唆を感じ取ることであろう。


東京書籍 編集制作部(T・U)
写真:戸澤裕司
2020年9月
『漂流者の生きかた』見本1
『漂流者の生きかた』見本2
『漂流者の生きかた』対談風景
『漂流者の生きかた』p54-55
『漂流者の生きかた』p14-15
『漂流者の生きかた』目次3
『漂流者の生きかた』目次2
『漂流者の生きかた』目次1
クリックで拡大表示ができます。