東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

ともに生きる

ともに生きる

東書マルチビデオソフト
  • 小学校
  • 中学校
  • 高等学校
  • 道徳
  • 特活・総合
  • 標準
平成29年度 教育映像祭 最優秀作品賞 文部科学大臣賞
ともに生きる社会について「人」に視点を当てた新しい教材です。
商品概要

障がいのある方や,高齢者の方の日常を描いたドキュメンタリーを中心に,障がいに対する心情的な理解をはかります。

障がいのある方とそのご家族,周囲で支える様々な人のインタビューや,手助けの方法などの資料映像と分岐型映像を設けることで,ともに生きる社会についてクラス全体で考えることのできる探求型視聴覚教材です。

シミュレーションやタブレットの機能をいかしたVRコンテンツでの疑似体験を通して,合理的配慮について深く学ぶことができます。
パンフレットはこちら

おすすめ
 
教材本編画面
 
聞こえにくさの体験画面
 
 
画面サンプル
 
画面サンプル
詳細
本体価格
ともにいきる
本体 税込 商品コード
200,000円 220,000円 58957
見積もりを登録する 見積もりを確認する
動作に必要な環境など

OS・ブラウザ
・Windows 8.1/10 + Internet Explorer 11 以上(最新バージョン推奨)

VRコンテンツ動作環境
・Windows8.1以上,メモリ最低2GB(推奨4GB),カメラが搭載されていること

HDD必須容量
・標準版18.6GB/軽量版5.13GB以上の空き容量

 

 
使用条件

学校フリーライセンス:学校で管理しているすべての端末でお使いいただけます。

各巻紹介
メイン映像
それぞれの生き方に焦点を当てたドキュメンタリー形式の5話
「手話と笑顔でもてなす店を」
 -カフェを経営する聴覚障がいのAさん
「今日も夢に向かって」
 -教師になる夢をもつ視覚障がいのBさん
「この道をひたすらに」
 -殺陣師として活躍する下肢欠損・中途障がいのCさん
「高齢者とのふれあいをとおして」
 -ボランティアにきた高校生と高齢者の交流
「自分らしく生きたい」
 -心の性と体の性が違うDさん,
  性的マイノリティーの人たちの思い
知っておきたいこと
上映中に選択肢が登場し,生徒に問いかけを行えるクリップ集
● 街で見かける障がいに関係のあるマーク
● 障がいのある人への支援
● 街で困っている人を見かけたら
 ~聴覚編~
● 街で困っている人を見かけたら
 ~視覚編~
● からだの性,心の性で悩んでいる人から
 相談されたら,自分が悩んでいたら
ともに生きる人々
キャリア教育にも使用できる福祉に関わる仕事やボランティアの紹介
● 盲導犬を育成する人々
● 最新IT技術を利用した手話通信サービス
● 義手,義足を作る義肢装具士
● リハビリテーションの補助を行う理学療法士
● 高齢者を見守る介護福祉士
● 福祉の大学を目指す学生
● 発達障がいへの理解を支援する団体
● 聞こえない学生のためのノートテイカー
● 性的マイノリティーへの理解を支援する団体家

前のページに戻る

ページの先頭へ