東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

AReader(エアリーダー)

AReader(エアリーダー)

「AReader」(エアリーダー)とは

AReaderは,弊社が開発したARプラットフォーム(注)です。
印刷したAReader対応マーカーを,スマートフォンなどのカメラ付き情報端末にかざすことで,動画,3D映像等迫力あるコンテンツを読みとることができます。
(注) ARとは?
Augmented Reality(オーグメンテッド リアリティー)の略で,「拡張現実」と呼ばれています。
カメラが捉えた映像(現実情報)などに,立体アニメや画像(仮想情報)をリアルタイムに合成して表現することで,情報をより強く,より深く伝達する技術です。
紙面に配置された
AReaderマーカー画像
カメラを通してAReader
マーカー上に合成された仮想映像

特長

  • シンプルで直感的な操作
  • 高速かつ精度の高いマーカー認識
  • 動画,3D等,迫力ある映像による優れたアピール効果
  • 多言語対応端末の言語を自動的に判別して,その言語でのコンテンツ表示が可能。日本語・英語・中国語(中国・台湾)・韓国語に対応。
  • マーカー内のデザインが可能企業ロゴ・商品名などを入れることができます。
  • VRコンテンツにも対応

「AReader」(エアリーダー)の使い方

1.アプリケーション「AReader」をダウンロードします

「App Store」や「Google Playストア」から,「AReader」を検索し,ダウンロードします。
※AReaderアプリのダウンロードは無料です。

2.アプリケーションを起動します

ダウンロードが完了したら,アイコンをタップしてアプリケーションを起動します。

3.ARマーカーを読み込む

カメラをARマーカーにかざすと,そのマーカーに応じたさまざまなコンテンツがダウンロードされ,コンテンツをご覧いただけます。
iOS端末向けアプリーションのダウンロードはコチラ
Android端末向けアプリケーションのダウンロードはコチラ
※ 通信費は別途発生いたします。
※ 対応端末は,Android 端末(Android 4.4以降),iOS8.0以降。また,カメラが内蔵されていない端末ではご利用になれません。
※ 本アプリケーションの利用にはインターネットに接続できる環境が必要です。
※ 「iPod touch」および「App Store」は,米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
一部のAndroid 端末では,本アプリケーション,コンテンツの一部が正常に起動しないことがあります。

「AReader」(エアリーダー)を使ってみよう

AReaderでは,紙面上でイラストの図版を動かすなど,さまざまなコンテンツを組み込むことができます。また,「紙面上」で動画を流すことも可能です。
紙の「2次元」の世界では,建物やキャラクターなどを立体で表現するのはむずかしいものです。しかし,AReaderなら,スマートフォンなどで専用マーカーを読み込むだけで,3Dモデルを紙の上にリアルタイムに表示することが可能です。

動画コンテンツ

「URL遷移機能」

AReaderではコンテンツを表示した後に,指定のURLに遷移することができます。

AReaderは,動画ファイルにも対応しています。
マーカーにかざすと,動画を再生することができます。


浮き出る動画コンテンツ

浮き出るコンテンツ

左のAReaderマーカーにかざしてください。
人物が浮き出て話します。

対応マーカーにかざすと,所定の位置で動画を再生することができます。
弊社,アスリート社員(テコンドー)
鈴木 セルヒオが浮き出て話します。

トラッキングムービー

紙面上でイラストを動かす

左のAReaderマーカーにカメラをかざして認識させたあと,右のアインシュタインのイラスト全体が写るように端末を動かしてみてください。肖像画が表情を変え,話し出します。

浮き出る動画コンテンツ

3Dコンテンツの表示

左のマーカーにかざしてください。3Dコンテンツをご覧いただけます。
画像をダブルタップすれば,拡大縮小なども可能です。


多言語対応機能

・アプリの説明文や表示コンテンツを,端末に設定された言語によって自動的に最適化する機能があります。
・対応言語は,日本語,英語,韓国語,中国語(繁体字),中国語(簡体字)です。

インバウンド対応として,店舗・パンフレット・カタログなどにご利用いただけます。
施設案内でAReaderマーカーを1つだけで,様々な言語のコンテンツを表示することができます。
言語に応じて自動的に最適化して表示します。

端末言語に合わせたアプリケーション作成

端末言語が英語の場合
アプリケーションの端末言語に合わせて
説明文もかわります。
端末の言語設定が“English”に設定されています。
アプリの使い方を促すガイド文が自動的に英語で表示されます。
ヘルプ内の文章が自動的に英語で表示されます。
端末の設定言語を変更すると多言語対応AReaderマーカーの体験ができます。
●iPhoneの場合「設定」→「一般」→「言語と地域」→「iPhoneの使用言語」
●Androidの場合「設定」→「一般管理」→「言語とキーボード」→ 「言語」→「言語を追加」

AReader(エアリーダー)活用事例

雑誌・書籍から映像を閲覧

【雑誌・書籍】

●動画再生
・お店紹介映像
・作家インタビュー
●3DCGモデル
・図鑑の3Dモデル化

ポスター・チラシから映像を閲覧

【ポスター・パンフレット・チラシ】

●動画再生
・観光ガイド映像
・商品の解説映像
●360度パノラマ動画
・観光ガイド映像