東京書籍

 

3/11ページ   110件中  21-30件 表示  【キーワード】
1… 前ページ 1 2 3 4 5 6 次ページ…11
大下邦幸/監修
ISBN: 978-4-487-80850-2   本体価格:2,200円
発売年月:2014-03-01
学習者の意見・考えを重視する視点が、英語授業の質を高め、コミュニケーション能力を養成する! コミュニケーション能力の養成について研究実践を重ねる中で得た実感を理論的側面と実践的側面から形にする。
加藤 章/著
ISBN: 978-4-487-80780-2   本体価格:2,200円
発売年月:2013-10-21
戦後の歴史教育の原型と変容、歴史研究の多様化と歴史教育の内容の変化、日韓歴史教育交流の展開と展望など、戦後社会科とともに重要な役割を担ってきた「社会科日本史教育」を考察する論考集。
マクシーン・アストン/著 テーラー幸恵/訳
ISBN: 978-4-487-80825-0   本体価格:1,500円
発売年月:2013-08-30
デートと愛の告白 二人の生活がはじまったら そして、子どもが生まれてから 自閉症専門のカウンセラーの著者が、13年のカウンセリングのなかで、自閉症スペクトラム(特にアスペルガー症候群)の男性から受けた最も多かった41の質問に答える恋愛、結婚、育児についてのQ&A。
フィリップ・シュルツ/著 藤堂栄子/監訳 室﨑育美/訳
ISBN: 978-4-487-80620-1   本体価格:1,200円
発売年月:2013-07-29
 少年時代に、文字を読むことに苦労し、母親を除いてひとりの理解者もなく、学校の教師や同級生たちには疎外感をもち続けてきた著者。息子の診断を機に、58歳になって初めて自らもディスレクシアであることを知った衝撃と、それゆえに振り返る自分の心の軌跡、新たな視点を得て進む自己理解。  本書は、学習障害(LD)の中核であるディスレクシア(読み書き障害)の当事者の苦悩や不安と葛藤、生涯にわたる格闘と、その中で深めてきた思索を、ピュリツァー賞受賞の詩人の感性が語り尽くす自伝である。  ディスレクシアの当事者や家族、関係者の必読書として、また困難を乗り越える人の心の強さ、意志や決断の力、創造性や希望などに関心のある方にも一読をおすすめしたい。
白石雅一/著
ISBN: 978-4-487-80798-7   本体価格:1,900円
発売年月:2013-06-15
自閉症(高機能自閉症やアスペルガー症候群を含む)の「こだわり行動」は正そうとするとパニックに陥るなど、修正するのが難しいとされてきている。 本書では、自閉症の子どもと家族支援のエキスパートとして日本の第一人者である著者が、人間関係を築きながら「こだわり行動」ばかりでなく本人と家族の生活が好転する、そのノウハウを惜しみなく公開します。 一人ひとりの子どもにふさわしい導き方とはどのようなものか、数多くの実践事例を示す、納得の一冊。
直山木綿子/著
ISBN: 978-4-487-80739-0   本体価格:1,600円
発売年月:2013-03-01
指導者の外国語活動をサポートする“Hi,friends!”徹底活用術。 新教材導入の経緯から活用法,事例の紹介,そして小学校英語活動の現状とこれからの課題まで,外国語活動指導者の不安と悩みを解決する指導参考書の決定版。
マイケル・バートン著/イラスト デリア・バートン/まえがき マーク&幸恵・テーラー/訳
ISBN: 978-4-487-80757-4   本体価格:1,300円
発売年月:2013-01-31
英語という言語は非常に混乱しやすく非論理的で、外国の人にはとっつきにくいものですが、言葉を字義通りの意味で受けとる自閉症スペクトラム障害(ASD)の人にとってはなおさらです。 ネコとイヌが空から降ってくる(Its raining cats and dogs.)ことが、なぜ土砂降りの雨なのでしょう? 本書はもともと、自閉症スペクトラム障害の人とその周りで彼を理解し、支援しようとする人たち向けに英国で作られたものです。彼らが英語のイディオムやさまざまな表現をどのように捉えているかを視覚化し、また、どのように理解してもらうべきかを示す本となっています。しかしながら、実は英語を母国語としない外国人一般にもおおいに役立つ内容にもなっています。日本語版では巻末に「掲載語句一覧」を設け、そこに代替表現や類似の表現も加えて、日本のユーザーにとってより幅広く学べるように仕立ててあります。
つくば市総合教育研究所/編著
ISBN: 978-4-487-80736-9   本体価格:1,714円
発売年月:2012-10-12
「教育日本一のまち」つくばが、小中一貫教育で子どもを変えた! つくば市では、平成24年4月から市内全小・中学校で小中一貫教育を展開しています。 小学校から中学校までの9年間の学びをつなぎ、発達段階にあわせた小中一貫教育、そして、国際都市、科学都市、田園都市、教育都市といったさまざまな側面を持つ地域特性を生かした小中一貫教育を創造し、実践しています。 その取り組みを紹介しながら、特にその中核となる「つくばスタイル科」について、創設までの経緯、その構成、実践事例をまとめたものが本書です。 21世紀を創造していく子どもを育む新カリキュラムを、つくばから全国へ発信します。
リサ・A・カーツ/著 七木田敦・増田貴人・澤江幸則/監訳 泉 流星/訳
ISBN: 978-4-487-80705-5   本体価格:1,800円
発売年月:2012-08-31
不器用とは、はさみの使い方が上手でないときなどに使われますが、発達障害の子どもでは、運動のほか日常生活の多岐にわたって運動協応性の困難を伴うことが多くあります。 不器用な子どもでは、視知覚認知にも問題があります。 特別支援教育では、ビジョントレーニングが注目されていますが、本書は発達障害の子どもの不器用さを解決するために具体的で視覚的な方法を提示しています。 また不器用さは、低い自尊感情、過度に低い目標設定や責任回避傾向の自己概念、行動問題、周囲からの孤立やいじめ、低い社会的コンピテンスなども二次的に引き起こしていると報告されており、広範囲な人格形成に影響すると考えられるようになってきています。 わが国の図書ではほとんど言及されてこなかった「自尊感情と運動の実行」についても、本書は具体的な解決方法を提示しています。 先行研究の多くが、5歳から10歳までの間に「適切な指導」を受ければ、不器用さを減らせるとしており、本書で示したような幼児期~学齢期での適切な対応は望まれるところでした。 本書が、このような実践場面での問いの解決のための一助になることを願ってやみません。 (監訳者「まえがき」より、抜粋・改変)
広木正紀・内山裕之/編著
ISBN: 978-4-487-80688-1   本体価格:3,000円
発売年月:2012-06-23
学校内外の社会との連携や、小・中・高の教育のつながりを図る工夫事例を具体的に多数提案。 理科教育の将来や、教師が自分を磨く方法なども解説する、今後の理科教育をつくる総合ガイド。 「人生に役立つ理科授業」ができる1冊。

本を探す

詳細検索はこちら   検索方法はこちら