東京書籍

 

2/7ページ   66件中  11-20件 表示  【キーワード】
1… 前ページ 1 2 3 4 5 6 次ページ…7
ロス・パイパー/著 日本動物分類学会会員有志/監訳 西尾香苗/訳
ISBN: 978-4-487-80815-1   本体価格:5,500円
発売年月:2016-05-26
わたしたちが普段見ることのできる動物たちは、地球で存在が知られている動物のなかのほんの一部分にすぎません。本書は、ふつうはお目にかかることができない動物、ごく小さな動物などに重点をおいて、540点の貴重なカラー図版で紹介する図鑑です。そうした動物たちも私たちが頼りきっている自然の生態系の重要な要素であり、その多様性を理解し保護することの大切さを本書は教えてくれます。
パトリス・ブシャー/総編集 丸山宗利/日本語版監修
ISBN: 978-4-487-80930-1   本体価格:6,500円
発売年月:2016-05-26
現在確認されている甲虫は約40万種を誇り、地球上の全生物の1/4を占めます。 未発見の種も100万種はいるともいわれ、その世界は未知の可能性を秘めています。 甲虫たちは色、サイズ、形が多様を極め、世界中の研究者やコレクターを魅了してきました。 本書では世界中の甲虫から600種を厳選し、その素晴らしき世界を紹介します。 . 特徴: 1.甲虫600種をオールカラーで実物大表示 2.各種の大きさ、生息地分布、食性などの情報が一目でわかる 3.各種、生物学的のみならず、医学、環境、文化など社会との関わりについても紹介 4.甲虫に関する専門用語の解説も充実
こどもくらぶ/編
ISBN: 978-4-487-80936-3   本体価格:2,800円
発売年月:2015-12-12
子どもが興味を持ちながら、大人も実際には見たことがなく、説明できないような身近な「1ミリの世界」にスポットをあて、それらを大きく拡大した写真を見せることで、実際にはそれがどうなっているのか目で見えるようにしていく図鑑。また、1ミリよりも小さな世界、「マイクロ」や「ナノ」の世界を見せることで、1ミリとは、相対的なものであり、そこにはある一つの「基準」があることを理解してもらい、興味を持っておおきさ全体の「つながり」を見出せるつくりに。1ミリを探したり、錯視で見たりと1ミリで遊ぶことから導入し、人体など身近な事象で1ミリを感じ、さらには、マイクロ、ナノの世界まで、それが1ミリという「基準」から見ていることで、おおきさをつながってイメージ・理解できる。親子で学べ、かつ、自由研究や調べ学習向けにも最適。ズームで身近に、面白く感じ、大きさの感覚が自然に身についていく。読んで、つくって、考えながらたのしむ図鑑!
NHKホットスポット制作班/編
ISBN: 978-4-487-80949-3   本体価格:3,000円
発売年月:2015-11-28
ホットスポットとは「その地域固有の動植物が多いにも関わらず、既に原生の自然の7割以上が失われ、今すぐにでも保護の手を差し伸べるべき緊急の場所」のこと。 NHKは世界35カ所あるホットスポットから12地域を選び、2008年から6年の歳月をかけて、ホットスポットで繰り広げられる大自然のドラマと絶滅の危機に瀕した貴重な生きものたちの命のきらめきを記録し、2011年に第1シリーズ6本、2014年から2015年に第2シーズン6本を放映した。 この、世界70か国で放映された、スペシャル番組を書籍化。800点ものカラー写真とともに、絶滅の危機に瀕した生きものたちの想像を絶する進化と神秘的な生態を伝える。 太古の生命の島、謎の類人猿王国、飛ばない鳥たちの楽園、魚たちの大進化の湖など驚愕の12テーマ。
アン・ルーニー/著 立木勝/訳
ISBN: 978-4-487-80929-5   本体価格:2,400円
発売年月:2015-08-10
物理学はすべての科学を結びつける科学です。 その目的は、原子を構成する最小の粒子から巨大銀河、さらには時空の本質まで、宇宙のすべてを説明することにあります。 人類にとって最も野心的な知の試みです。 自然の仕組みを理解しようという人類の知の冒険は、社会の発生とともに始まり、現在も継続中です。 数千年にわたり、各時代の最高の頭脳を魅了しながら発達してきた物理学は、今ではすべての科学の根本とみなされるまでになっています。 ギリシャ人が、物質は分割不能な原子でできているという考えを初めて示してから、アラブの、次いでルネサンスの、そして啓蒙時代の科学者たちによる偉大な探検を経て、物理学の物語は綴られてきました。 本書は、そんな物理学の発展を、古代ギリシャの自然哲学から最先端の量子力学の実験まで、250点を超える豊富で貴重な図版を駆使してたどっていきます。 そして物理学が人類に何をもたらしてきたか、その原点を見つめ直す機会を与えてくれます。
清水美憲/監修 こどもくらぶ/編
ISBN: 978-4-487-80915-8   本体価格:2,800円
発売年月:2015-08-08
球って何?  サッカーボールは何面?  グレープフルーツの切断面のもようは?  遠近法も算数?  四角いケーキを5等分!  街で見かけるタイルもよう  拡大器をつくろう  何でもコマに?  地図上の面積をはかる  自分の体積をはかる  地球の大きさの測定  黄金比と白銀比  など,身近にある算数の面白みを,写真や図,実際の作業で,目でみて感じよう! 算数の本には思えないけど,見れば,読めば,算数が身近に,面白く感じられる。 読んで,つくって,考えながらたのしむ図鑑!
アンドレア・ミルズ/編著 増田まもる/監訳
ISBN: 978-4-487-80914-1   本体価格:2,800円
発売年月:2015-07-21
『信じられない現実の大図鑑』のシリーズ第2弾。 「ホウレンソウを食べると強くなる?」 「人間は脳の10%しか使っていない?」 「ラクダのコブの中は水?」 「ハチは一度刺すと死ぬ?」 「トマトは果物である?」 「夕焼けの翌日は晴れ?」 「ビルの上から落としたコインが頭に当ったら死ぬ?」 「笑っているときよりしかめつらのほうが筋肉を使う?」 「シラミは汚い頭が好き?」 「寒いから風邪をひく?」 「サメに殺される人より頭に落ちてくるココナツで死ぬ人のほうが多い?」 「ネズミはチーズが好き?」 「ゴキブリは頭がなくても3日は生きる?」 「ヒマワリは夜明けに東を向き、日暮れに西を向く?」 「地球上の全人口をロサンゼルスの中に詰められる?」 「バイキングは角のあるヘルメットを付けていた?」 「マリー・アントワネットは『パンがないなら、ケーキを食べればいいじゃない』と言った?」など、 “あれっ、ホントだっけ? ウソだっけ?”となりがちな真偽が微妙な説をとりあげ、詳細でわかりやすい図版でその真実を明らかにしていく図鑑です。 前巻同様、とくに子どもが興味と驚きをもって幅広い知識を増やせ、また大人も一緒に楽しめる内容になっています。
藤嶋昭/監修 科学技術館メルマガくらぶ/著
ISBN: 978-4-487-80718-5   本体価格:1,200円
発売年月:2015-04-09
本書は、北の丸公園にある“科学技術館”で発行しているメールマガジン「科学・技術よもやま話」から選りすぐりの話題をピックアップしたものです。 四季折々の生活シーンや“科学技術館”に関することを、「科学・技術」に関するそれこそ「よもやま話」、さらに家でもできる簡単な「実験レシピ」を紹介しています。
藤嶋昭/監修 横浜市サイエンス研究会/著
ISBN: 978-4-487-80717-8   本体価格:1,200円
発売年月:2015-02-09
横浜市の中学校理科の教員が中心となって、どうすれば生徒たちが理科や科学の面白さを伝えることができるのか、どうすれば授業が面白くなっていくのかについて、日頃のアイデアを出し合いました。 第1章の「身の回りの不思議をサイエンスで解こう!」では、私たちの身近な出来事に疑問をもつことができるような内容、 第2章の「サイエンスホビーを楽しもう」では、私たち教員それぞれが興味を持ち取り組んでいる内容、 第3章「学校で習わないこんなサイエンスもある」では、より専門的な知識を持って科学の世界をのぞくことができる内容、 最後の第4章の「グレードアップ、サイエンス実験と学習」では、授業の実践例などもあげて、どうすれば科学への関心を高めていけるか、その内容を紹介しています。
九里徳泰・左巻健男・平山明彦/編著
ISBN: 978-4-487-80831-1   本体価格:2,100円
発売年月:2014-08-25
地球環境問題における重要な論点を10章で解説。大学1~2年生の環境教育のテキストとしても、環境問題全般の入門書としても好評な書籍を大改訂。 今回の改訂では、主に原子力利用の問題や、メタンハイドレード、シェールガスの実用化などのエネルギー分野の変化について加筆、温暖化や生物多様性、酸性化、水問題などについても大幅修正。 さらに、第10講を「企業と環境経営」、補講を「環境教育」として、環境問題と社会のつながりについても内容を増強。今日的な話題を取り入れて、さらに長期にわたり、環境問題の定番テキストとなるように編集しました。

本を探す

詳細検索はこちら   検索方法はこちら