東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

オリンピックの輝き ここにしかない物語

オリンピックの輝き ここにしかない物語
~オリンピック・パラリンピック 歴史の扉を開いたアスリートたち~

佐藤次郎/著

ISBN:978-4-487-81256-1
本体価格1,700円
発売年月日:2019年05月30日
ページ数:260
判型:四六

解説:
●初参加の1912ストックホルムから2016リオまでのアスリート達の物語、歴史がコンパクトにわかる。
●メダリストだけではなく、メダルに届かなかった選手も多数描写。敗者の輝きとくやしさが胸をうつ。
●選手を支えたコーチや、五輪実現に尽力した人々も登場。
●パラリンピックにも多くの紙面を割き、障害者スポーツの夢を伝える
●2020東京、注目の競技、注目の選手

コンテンツ

第1章 「黎明」(1912ストックホルム~1936ベルリン、1940東京)
・日本初出場の2人のランナー。三島彌彦、金栗四三。
  ・この「銅」から歴史は始まる。レスリング内藤克俊1924パリ
  ・「金」の前髪つかむ。陸上三段跳び織田幹雄1928アムス
  ・女性初の「銀」。陸上800人見絹枝1928アムステルダム
  ・硫黄島に散った「金」。馬術、西竹一1932ロサンゼルス
・第2章 「再出発」(1948ロンドン~1960ローマ)
・第3章 「世紀の祭典」(1964東京)
・第4章 「パラリンピック黎明」(1964東京~1984ニューヨーク)
・第5章 「過渡期」(1968メキシコ~1976モントリオール)
・第6章 「激動の記憶」(1980モスクワ~1984ロサンゼルス)
・第7章 「発展」(1988ソウル~1996アトランタ)
・第8章 「パラリンピック発展」(2000シドニー~2016リオ)
・第9章 「新世紀」(2000シドニー~2016リオ)
・第10章 「2020への期待」