東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

東京書籍

透明な力を

透明な力を
災後の子どもたち

河北新報社/編

ISBN:978-4-487-81047-5
定価1,430円(本体1,300円+税10%)
発売年月日:2016年09月01日
ページ数:172頁
判型:46

解説:
子どもの視点から描く東日本大震災のその後。
東日本大震災と福島第1原発事故は、子どもたちの日常を一変させた。
東北の被災3県で、震災による遺児・孤児は1700人を数える。
仮設住宅に暮らす児童や生徒は宮城県だけで一時、6000人を超えた。
本書は2014年に、「透明な力を」のタイトルで河北新報朝刊に連載したルポ
をまとめたものである。

著者情報

長田徹(おさだ とおる)
文部科学省初等中等教育局生徒指導調査官、国立教育政策研究所生徒指導・進路指導研究センター総括研究官。学習への動機付けや学校、企業、地域が協働で進めるキャリア教育のあり方について、先進事例をもとに全国各地で講演を行っている。