東京書籍

 

NOBU先生のやさしい解説で 中2英語【New Horizon】がすっきりわかる本
別冊解答/別冊単語帳/リスニングCD付き
山田暢彦/著
  • ISBN:978-4-487-81002-4
  • 本体価格1,280円
  • 発売年月:2016-06-24
  • 体裁:  68頁
googleカレンダーへ追加
中学校英語参考書部門で一番売れているバイリンガル英語コーチ・山田暢彦先生が、中学英語教科書でNo.1シェアの“NEW HORIZON”に完全に準拠した内容で、中学生が必ずと言っていいほどつまずくポイントやよくある間違いをピックアップし、本文と同ボリュームの別冊解答を駆使しながら、懇切丁寧に、語りかける口調で、これ以上はないわかりやすさで解説する参考書です。各ユニットの最後には、習った英語でスピーキング能力を身につけるためのクイズがあり、その解答と各ユニットの練習問題の解答が、付録CD内にNOBU先生自らの音声で収録されています。音声はそれだけを聞き流してもスピーキングとリスニングのトレーニングができるようになっています。

著者情報

山田 暢彦(ヤマダ ノブヒコ)
1980年生まれ。アメリカ・ニュージャージー州出身。高校卒業まで現地で過ごし、慶応大(SFC)入学・卒業。 quot使える英語quotをモットーに英会話教室を開き、小学生から、海外展開を狙う会社社長、学校・塾で教える英語講師、教育分野のベストセラー作家まで、幅広い受講者を持つ。中学校の英語参考書で人気No.1を誇る『英語をひとつひとつわかりやすく。』(学研)シリーズをはじめ、『絵で見てパッと言う英会話トレーニング』(学研)など、大ヒットの著書多数。 複数の出版社で英和・和英辞典の執筆委員も務める。TOEIC 連続満点、国連英検特A級、英検1級。趣味はテニス、料理、作曲、家族と遊ぶこと。

コンテンツ

英語はこうやって勉強しよう

Unit 1
Starting Out 過去形のwasとwereで「〜でした」と言える
Dialog was+〜ing で、「〜していた」と言える
Read and Think?? lookで、「〜そうに見える」と言える

Unit 2
Starting Out be going to +動詞 で、“予定”が言える
Dialog show、buy、giveの“あげる系動詞”について
Read and Think?? call で、「〜を…と呼ぶ」と言える

Unit 3
Starting Out to +動詞の使い方?「〜するために」
Dialog to +動詞の使い方?「〜すること」
Read and Think?? to +動詞の使い方?「〜するべき」

Unit 4
Starting Out have to で、「〜しなければならない」と言える
Dialog will で、未来のことが表現できる
Read and Think? must で、「〜しなければならない」と言える
Read and Think? must not で、「〜してはならない」と言える

Unit 5 
Starting Out 文のつけたし方? if+文「もし〜ならば」
Dialog 文のつけたし方? that+文「〜ということ」
Read and Think? 文のつけたし方? when+文「〜のとき」
Read and Think? 文のつけたし方? because+文「〜なので」

Unit 6
Starting Out There is〜. で、「〜がある」と言える
Dialog Is there 〜? で、「〜がありますか」
Read and Think? 動詞のing形で、「〜すること」と言える?
Read and Think? 動詞のing形で、「〜すること」と言える?

Unit 7
Starting Out 比べるときの表現? −erと−est
Dialog 比べるときの表現? more−とmost−
Read and Think? 比べるときの表現? good−better−best
Read and Think? 比べるときの表現? as「同じくらい」

中1で習った重要文法のまとめ

〈別冊解答〉NOBU先生のていねいすぎる解説

〈別冊単語帳〉

本を探す

詳細検索はこちら   検索方法はこちら

  • アマゾン
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • Honya Club
  • ハイブリッド書店サービス honto
  • e-hon