東京書籍

すべての人々に健やかな知的生活を

商品

評価システム 一般書籍

お客様

東京書籍

ナチュラル女子脳がやってきた どうして女性社員はあなたの言うことを聞いてくれないのか

ナチュラル女子脳がやってきた どうして女性社員はあなたの言うことを聞いてくれないのか

黒川伊保子,感性リサーチ/著

ISBN:978-4-487-80378-1
定価1,540円(本体1,400円+税10%)
発売年月日:2009年07月01日
ページ数:176頁
判型:46

解説:
脳機能の専門家が男女の脳の違いを読み解き,女性社員の心がわからない男性上司,社員に向け,オフィスで「女性に上機嫌に働いてもらうための方法」を解き明かす。

著者情報

黒川伊保子(くろかわいほこ)
株式会社感性リサーチ代表取締役。感性アナリスト。日本感性工学会評議員。倉敷芸術科学大学非常勤講師。人工知能(AI)エンジニアを経て、2003年、世界初の語感分析法サブリミナル・インプレッション導出法を発表、独特の感性分析術が注目を浴び、感性研究の第一人者となる。著書に『怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか』(新潮新書)、『日本語はなぜ美しいのか』(集英社新書)、『恋愛脳』(新潮文庫)、『「無邪気な脳」で仕事をする』(ファーストプレス社)など多数。Http://www.kansei-research.com/

著者情報

感性リサーチ(かんせいりさーち)
株式会社感性リサーチ。2003年8月創立、脳科学の成果をビジネスに活かす会社として始動。2004年、世界初の語感分析法を発表、ネーミング分析サービスを開始。2006年、男女脳の違いをマーケティングに活かす手法〈感性マーケティング〉を発表、2007年には感性理論に基づく人材開発の手法〈感性コミュニケーション〉と、脳の生理周期からトレンドの未来予測をする手法〈感性トレンド〉を発表。以降、商品開発、人材開発など様々な分野で感性論を基盤にしたビジネスを展開している。また、語感の自動分析を行うネットサービスも好評、2009年に開始した個人名の感性分析=「お名まえ鑑定書サービス」は、多くの感動を呼んでいる。

コンテンツ

はじめに 女性部下ってなんだ!?
  “ナチュラル女子脳”の時代がやってきた

第1章 “ナチュラル女子脳”がわかれば、
  女性部下がわかる

第2章 “ナチュラル女子脳”攻略実践編
  シチュエーション別NGワード・NGアクション集

第3章 上司ワンポイント・アドバイス
  “ナチュラル女子脳”に「素敵」と言われるために

第4章 組織のパフォーマンスを最大にするために
  男女が混在すべき、本当の理由

あとがき 男性脳という〝精密機器″