東京書籍

 

昭和天皇実録 第十二
宮内庁/編修
  • ISBN:978-4-487-74412-1
  • 本体価格1,890円
  • 発売年月:2017-03-28
  • 体裁:  720頁
googleカレンダーへ追加
『昭和天皇実録』は、宮内庁において平成2年より24年の歳月をかけ編修され、平成26年8月、本文60巻が天皇皇后両陛下に奉呈されました。
明治34年の御誕生から昭和64年の崩御に至るまでの89年間、「激動の時代」を生きた天皇の御事蹟、そしてそれにまつわる日本の政治、社会、文化などを余すところなく記述。
そこにはこれまで知られていなかった昭和天皇の生きた御姿とその時代が、生き生きと記されています。

『昭和天皇実録 第十二』(昭和三十年~昭和三十四年)の内容
.
「もはや戦後ではない」といわれたこの時代、
国際連合への加盟が承認され、東京オリンピックの開催も決定。
昭和三十四年には、皇太子の御成婚もあり、日本中が祝賀の空気につつまれた。
日本各地への行幸をはじめとする多忙な御公務。
そして生物学の御研究として、葉山での海洋生物御採集、那須や皇居での野外観察をされる日々を記す。

コンテンツ

日本各地に行幸(宮城、栃木、群馬、埼玉、神奈川、富山、石川、山梨、長野、岐阜、静岡、愛知、大阪、兵庫、岡山、山口、福岡、熊本、大分、宮崎、鹿児島)
大相撲五月場所を御覧
正仁親王成人式
日ソ共同宣言調印
戦後初の外国元首エチオピア皇帝公式来日
日本の国際連合加盟
皇太子結婚式
皇居造営審議会の設置
カラーテレビ実験放送を御覧
東京オリンピック開催決定
天覧試合、長嶋茂雄のサヨナラホームラン
伊勢湾台風 ほか

本を探す

詳細検索はこちら   検索方法はこちら

  • アマゾン
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • Honya Club
  • ハイブリッド書店サービス honto
  • e-hon