東京書籍

 

6/11ページ   108件中  51-60件 表示  【キーワード】
1… 前ページ 3 4 5 6 7 8 次ページ…11
外山滋比古/著
ISBN: 978-4-487-80794-9   本体価格:1,300円
発売年月:2013-04-29
天皇陛下の執刀医、天野篤先生は受験に3回失敗して、名医となった。 外山滋比古も、受験に2度失敗して、英文学者として大成した。 人生は不思議なもので、失敗の多い人間ほど、魅力的になっていく。 入学試験、入社試験、資格試験に失敗してしまった人たちこそ、将来の日本の人材である。 90歳の大家が躊躇しながらも初めて明かす失敗の数々をつづる、書き下ろしエッセイ集。
瀧本往人/監修
ISBN: 978-4-487-80635-5   本体価格:1,300円
発売年月:2013-04-06
男女3人の奇妙な共同生活 教え子との禁断の恋 束縛しない契約結婚 幼少時のトラウマと淫蕩生活 禁欲的な抑圧の反動 患者との不倫 ニーチェ、サルトル、ウィトゲンシュタイン、ハイデガー、ユング、バタイユ。6人の哲学者たちの濃ゆい恋愛を描くオムニバス・コミック。
うだひろえ/著
ISBN: 978-4-487-80732-1   本体価格:1,200円
発売年月:2013-02-27
幸せな産前・産後を送るために必要な誰も語らなかった心構え・段取り・お得情報、不安解消法、病院と便利アイテム選び、体調が整うエクササイズ、つわりを癒す神ワザ、お金や申請の図解解説、保活、「そういう言葉を今まさに聞きたかった!」的なほっとする癒しのメッセージ…などを、5タイプ別ママ(授かり婚・フリーで経済的不安・不妊症・バリキャリ高齢・不育症)が楽しくわかりやすく紹介! 「この本を読んでから母になりたかった!」と著者自身や先輩ママたちが太鼓判を押すお役立ち情報が、たっぷり240ページのマンガに詰まっています!
佐藤次郎/著
ISBN: 978-4-487-80764-2   本体価格:1,600円
発売年月:2013-01-25
日本では20年前までは義足で「走る」ということはナンセンスであった。 医師,理学療法士には「できるわけがない」とされていた。 ましてや陸上競技などバカげた事であった。 そのことに疑問を抱いた人物が現れた。 鉄道弘済会で義肢装具士をしていた臼井二美男(うすいふみお)である。 義足だって走れるはずだ。 むしろ,走れることが生きる喜びになるのではないか。 僕が走れる義足を作ってみせる。 ここから臼井の常識を覆す挑戦が始まった。 義足者にとって走ることは恐怖である。 その恐怖をいかに克服していくのか。 そして,ただ走れるだけではなく,記録にチャレンジするスポーツ選手となっていく。 国内のスポーツ大会に参加し,やがて最高の舞台であるオリンピックに立つ。 この奇跡はどのようにして成し遂げられたのか。 本書は,義足で走る活動を独力で切り開いてきた,たった一人の義肢装具士と,あらゆる困難を乗り越えてアスリートとなっていった義足ランナーたちの奮闘を克明に伝えるヒューマンストーリーである。
東ゆみこ/監修
ISBN: 978-4-487-80632-4   本体価格:1,200円
発売年月:2013-01-15
ギリシャ神話と北欧神話を中心に、ケルト神話、インド神話、メソポタミア神話など、人々を魅了し続ける世界の神話物語から、きゅんきゅんくるエピソードを紹介。 神様をイケメンでDEEPに描くオムニバスコミック。 エジプト、マヤ、アフリカ、ペルシアのおもしろ神話もおさえ、圧巻の充実ぶり!
吉野敬介/著
ISBN: 978-4-487-80708-6   本体価格:1,400円
発売年月:2012-10-24
680年間、読み継がれる永遠のロングセラー『徒然草』。 類書中、はじめて全244段のすべてをわかりやすく、楽しく、現代語訳。 ライブ感あふれる解説によって、1日で『徒然草』の本当のおもしろさがのみこめる!
玄侑宗久/著
ISBN: 978-4-487-80660-7   本体価格:1,400円
発売年月:2012-10-08
語るとは、聞くこと。だから心に響く。 震災前5篇、震災後5篇を厳選。 【対談者】 木田元/辰巳芳子/五木寛之/養老孟司/片田珠美/山田太一/中沢新一/佐藤優/日野原重明/山折哲雄 いずれも斯界の第一人者。私としては講義を受ける気分だが、それでは対談にならないので半端な言葉を差し挟む。(中略)大震災の前後で自分がどう変わったのかは、読み返してもよくわからない。それは読者の判断に任せ、私としてはこの刺激的な人々の話がすべていつでも読み返せる形になったことを独り歓んでおこう。(まえがきより)
島田裕巳/著
ISBN: 978-4-487-80478-8   本体価格:1,600円
発売年月:2012-08-09
日蓮は日本仏教の破壊者か、改革者か? その激動の時代と思想を描く、島田裕巳初の小説作品。日蓮の思想が今求められている。
島田裕巳/著
ISBN: 978-4-487-80709-3   本体価格:1,600円
発売年月:2012-08-09
「我々の信心のありようが試されておるのだ」 心を失った現代人にこそ日蓮の言葉が響く、感動のクライマックス。
香山リカ/著
ISBN: 978-4-487-80645-4   本体価格:1,100円
発売年月:2012-08-01
この本は、次のようなかたにとくにおすすめです ・どうしてもダメな男ばかりを好きになる方 ・暴力的なふるまいにも「ほんとうは優しいから」と許してしまう方 ・燃えない恋は恋じゃないという信念の方 ・「私がいないとだめだから」となにがなんでも世話をやく方 ・ストーカーの気持ちがわかるかも…という方 ・へんな人と結婚するくらいならひとりのほうが良い方 ・「運命の人」以外はただの人と思っている方 ホントの幸せをつかむために、香山リカが苦い経験を踏まえてすべての男女に捧ぐかつてない画期的な恋の指南書。

本を探す

詳細検索はこちら   検索方法はこちら