東京書籍

 

5/7ページ   70件中  41-50件 表示  【キーワード】
1… 前ページ 2 3 4 5 6 7 次ページ…7
東京理科大学出版センター/編
ISBN: 978-4-487-80694-2   本体価格:1,200円
発売年月:2013-04-24
生命の誕生の神秘、遺伝子の働き、DNAの組み換え、細胞のしくみとがんの正体、クローン動物、そしてiPS細胞まで、生命科学の基礎から応用までを図解します。 21世紀の「生命科学」の基礎から応用までが1冊でわかります。
東京理科大学出版センター/編
ISBN: 978-4-487-80693-5   本体価格:1,200円
発売年月:2013-03-27
今これを読んでいるあなたがメガネを掛けていたり、コンタクトレンズを使っていたら? メガネやコンタクトレンズも医療で使われている材料でできています。 ものがはっきり見えないことを矯正して、命をまもることにつながる材料と考えることができます。 では、もし、血管がなんらかの原因で弱くなってしまい破れてしまったら? いまでは人工血管で置き換えることができます。 このときの人工血管は、私たちが着ているYシャツと同じ素材だったり、フライパンや鍋のテフロンといった身近な材料でできているのです。 この本では、命をまもる材料には、どのようなものが使われ、どのような特徴があるかをわかりやすく話します。 さらに、これから医療の場で使われる新しい材料、ナノ粒子、金ナノ粒子、iPS細胞などについても紹介していきます。
藤嶋昭/監修 川崎サポートセンター理科部/著
ISBN: 978-4-487-80713-0   本体価格:1,200円
発売年月:2013-03-27
川崎市のサイエンスキッズクラブの活動のなかから、特に子どもたちの興味をさそった楽しい実験をピックアップして紹介。
黒部信一/著
ISBN: 978-4-487-80656-0   本体価格:1,300円
発売年月:2013-03-16
福島の原発事故によって放出された放射性物質は本当は、どのように体に影響があり、どう対処すればよいのか。今最も望まれた基本図書。 放射線に対する見方が変わる切実な内容もあります。 2色図解多数。
藤嶋昭/監修 くらりか/著
ISBN: 978-4-487-80712-3   本体価格:1,200円
発売年月:2012-08-27
この本には、身近にあるもの、なじみのあるものから始まる実験や、見たこともない実験まで、21のテーマを載せています。 自分で作って、遊び、そのうえ、なぜだろうとその不思議を考えてみることで、想像力と創造力がみにつきます。
東京理科大学出版センター/編 竹内 伸/著
ISBN: 978-4-487-80692-8   本体価格:1,200円
発売年月:2012-08-27
コンピュータはどこから生まれたのだろう。 そろばん、計算尺、電卓から、パソコン、コンピュータゲームまで、人類の驚くべき進歩を実物カラー写真で紹介。
内山裕之/編著
ISBN: 978-4-487-80687-4   本体価格:2,000円
発売年月:2012-07-27
基本的な生物観察や環境ホルモンの観察授業,様々な生物指標による調査,ビオトープづくりなど,生物に関わる実験方法と実践例を全般にわたって詳しく説明。植物の放射能汚染調査などを新たに追加。 理科の授業に、教師を目指す方に、学校の自由研究に、最適な1冊。
スミソニアン協会/監修 デイヴィッド・バーニー/顧問編集 西尾香苗・増田まもる・田中稔久/翻訳
ISBN: 978-4-487-80564-8   本体価格:9,500円
発売年月:2012-06-18
【書籍の特徴】 ・米国スミソニアン国立自然史博物館開館100周年記念出版 ・鉱物,岩石,化石から微生物,菌類,植物,動物に至る5154種を,6000点を超える写真・イラストと解説でこの一冊に収めており,地球の生物多様性を実感できる。 ・近年進んでいる遺伝子(DNA)解析により,生物の分類体系は大きく変わってきている。それらを反映し解説した初の大図鑑。 ・家族で…学校で…どなたにもお薦めできる美しい宝箱のような一冊。
東京理科大学出版センター/編著
ISBN: 978-4-487-80691-1   本体価格:1,200円
発売年月:2012-06-16
高校生から大人まで科学を身近に感じてもらうために、最先端の科学テーマを分かりやすく紹介。今回は、新たなエネルギー源として注目を集める太陽エネルギーを取り上げる。
藤嶋昭/監修 吉祥瑞枝/著
ISBN: 978-4-487-80711-6   本体価格:1,200円
発売年月:2012-06-14
世界で最も有名な女性科学者,キュリー夫人が贈るメッセージの数々。 「科学について」「研究について」「教育について」「社会について」「信じること」について,キュリー夫人の言葉から考えていきます。 キュリー夫人は放射能という言葉の名づけ親です。放射能の研究で,女性で初めてノーベル賞を,しかも2回受賞しました。 本書を通して放射能についての勉強をするきっかけにしてください。

本を探す

詳細検索はこちら   検索方法はこちら