東京書籍

 

3/11ページ   108件中  21-30件 表示  【キーワード】
1… 前ページ 1 2 3 4 5 6 次ページ…11
堺屋太一/著
ISBN: 978-4-487-81012-3   本体価格:3,500円
発売年月:2016-08-25
「団塊の世代」をはじめ数々の新語を生み出し、ベストセラーを世に送り出してきた堺屋太一のベストセレクション第2巻。 第2巻は石田三成が創り出す、大プロジェクト「関ヶ原」を描く「巨いなる企て(上)」。 太閤秀吉亡き後、徳川家康は当然、天下を狙う。 しかし秀吉は、後継者・秀頼を守るため「組織と法規」を設けていた。 それを楯に取り、石田三成は家康と敵対する。 生き残りを賭ける諸将を取り込み、一介の役人・三成は、いかにして天下分け目の「関ヶ原」を創造し得たのか。 圧倒的に斬新な歴史ドラマを今、堪能したい。
堺屋太一/著
ISBN: 978-4-487-81013-0   本体価格:3,400円
発売年月:2016-08-25
「団塊の世代」をはじめ数々の新語を生み出し、ベストセラーを世に送り出してきた堺屋太一のベストセレクション第3巻。 第3巻は、徳川家康の天下を阻み、知力の限りで挑む石田三成を描く「巨いなる企て」の下巻。 太閤秀吉死去から関ヶ原の戦いまで765日。 この間、徳川家康の天下を阻み続けた男、石田三成。 一役人に過ぎない三成が、大実力者・家康とわたり合い、国を二分する勢力を成すことができたのはなぜか。 綿密な史料分析を礎として、凄烈な戦国の世を鮮やかに描き出す。 巨編、完結。
川村二郎/著
ISBN: 978-4-487-81009-3   本体価格:1,400円
発売年月:2016-06-29
現役記者時代に、井上ひさし、大岡信、大野晋、丸谷才一ら当代一の作家と交わり、日本語の的確な使い方を教わってきた著者が、変わってはいけない日本語の神髄を説く、全ての世代におくる日本語読本。
堺屋太一/著
ISBN: 978-4-487-81011-6   本体価格:3,500円
発売年月:2016-06-25
「団塊の世代」をはじめ数々の新語を生み出し、ベストセラーを世に送り出してきた堺屋太一のベストセレクション刊行開始。 第一巻は、石油をほとんど輸入に頼る日本が、中東からの石油輸入の制限を受けた時、どのような危機に陥るかをえがいたデビュー作『油断!』と、 戦後のベビーブームで形成された世代を『団塊の世代』と名づけ、その80年代から90年代の様子を予測した、堺屋太一70年代の代表作を収録。
一般財団法人 デジタル文化財創出機構/著
ISBN: 978-4-487-80959-2   本体価格:1,500円
発売年月:2016-03-16
デジタルを上手に活用した文化力が日本を再生させる推進軸になる! 事例1:国宝「鑑真和上坐像」を3次元計測し、お身代わり像を制作。 事例2:デジタル技術によってデータ上で再現された平等院鳳凰堂と、それらの情報をもとに行われた修復作業。 事例3:古墳をデジタル技術を駆使して計測することで、古墳のデジタル展示のためのデータを得るサイバー考古学。 事例4:平城京跡に1300年前のすがたを再現した仮想建造物、江戸城天守閣やコパン遺跡の再現。 事例5:テラヘルツ波で壁画の見えない内部まで見せる。 といった、日本ならではの文化を紹介する本でありながら、そこに「デジタル」というエッセンスを注入し、それを上手に活用し文化と融合させることで、日本の文化力を再生していこうという提案と事例紹介する一冊。 デジタル文化資産のメリット、日本文化とデジタルの融合の可能性、文化資源とデジタル技術をめぐる世界の動き、デジタル文化財をめぐる日本の民間企業や国家機関等の現状と課題、文化資産のデジタル化の具体例を挙げつつ、わかりやすく豊富な図版や写真をまじえて解説する。 有馬頼底(臨済宗相国寺派管長)と青柳正規(文化庁長官)との対談ページでは、『「文化立国」の創造とデジタル文化資産』について語らう。
上野正彦/著
ISBN: 978-4-487-80969-1   本体価格:1,400円
発売年月:2016-03-03
元東京都監察医務院長を務めた監察医である著者は,長年にわたり,変死体がなぜ死にいたったか,検死・解剖を行ってきた。 それをまとめた著書『死体は語る』は,65万部を超えるベストセラーになったが,今回,初めて「死体の再鑑定」についてまとめた本を書き下ろす。 著者の元には,警察,保険会社,および遺族から再鑑定の依頼が数多く寄せられる。 引き受けた著者は,なぜ最初の鑑定が間違っていたかを紐解いていく。 「溺死ではない,殺しだ。事故死ではない,病死だ。病死ではない,暴行死だ」。 最初の鑑定の嘘を暴いていく様は,上質なミステリーを読んでいるようにドラマチックだ。 ときには裁判所で,証人として最初の鑑定人と対峙したり,再鑑定の再々鑑定を提出したりと……事件は2転,3転。 まさに究極のノンフィクションミステリー。
荒木優太/著
ISBN: 978-4-487-80975-2   本体価格:1,500円
発売年月:2016-02-24
「やりたいこと」をやって生きる。 その〈あがきstruggle〉方は、今も昔も、無数にある。 先人に学び、選択肢を増やすため、16人の<在野研究者>の「生」を、彼らの遺した文献や、伝記的事実から読み解く。 大学や組織などに所属せずとも、しぶとく「生き延びる」ための<あがき>方の心得、40。
大迫靖雄/著
ISBN: 978-4-487-80955-4   本体価格:2,000円
発売年月:2015-12-09
戦中、朝鮮半島に生まれ、戦後、京都大学を卒業後、熊本大学での木材の研究を通じて、熊本県の林業・教育の発展に貢献し、熊本大学教育学部長や熊本県教育委員会委員長などを歴任してきた人物による、疾風怒濤の人生の記録。
k.m.p./著
ISBN: 978-4-487-80920-2   本体価格:1,300円
発売年月:2015-10-16
世界の辺境を旅してきた人気ユニットk.m.p.が今回訪れた場所……それはなんと常夏の楽園ハワイ! しかも、はじめての海外レンタカーで、ハワイ島とオアフ島をあわせて1カ月かけて一周します。いつもながらのかわいいイラストと豊富な写真で、ハワイの魅力とお役立ち情報を、k.m.p.流に徹底的にご紹介します! k.m.p.が「はじめて」訪れるハワイ島は、ハワイ諸島で最も大きく、自然がいっぱい。大好きなコーヒー農園をめぐり、自然の驚異に触れて、満点の星空を見上げては、夕陽にうっとり……そんなあまり知られていないハワイ島の魅力をお伝えします。もちろん、運転が苦手な女性でも運転しやすい場所など、レンタカーの旅の情報も満載で、旅のシミュレーションもバッチリ。 一方で、だれもが知っている「おなじみ」のワイキキがある島=オアフ島もきちんとご案内します。ビーチ、レストラン、ファーマーズ・マーケット……俗っぽい? 商魂たくましい? そうかもしれない、でもここには、ここにしかない空気があるんです。 どっちもハワイ。どっちもやっぱり好きになる。
小田豊二/著
ISBN: 978-4-487-80934-9   本体価格:1,400円
発売年月:2015-08-29
「あなたの職業は、ひとつである必要はありません」。人生をより味わい深いものにするために、いまの自分とは別の「仮面」(=職業)をかぶって生きてみませんか? 聞き書きの名手である著者・小田豊二を案内人に、世の中にあまり知られていないであろう素敵な「仕事」を、読者にとっての2つ目の仮面という視点で、案内人自らが、その世界に飛び込んで調査するというコンセプトの「面白い職業」ルポルタージュ。 驚きました。世の中には、まだ知られていない、こんな素敵な「仕事」があなたを待っています!

本を探す

詳細検索はこちら   検索方法はこちら