東京書籍

東京書籍 一般書籍

  • main14
  • main13
  • 地球博物学大図鑑
  • 3D宇宙大図鑑

画像をクリックして下さい

ロバート・ハリスさんのミニトーク&サイン会

お知らせ

8月12日 【新商品】『ディズニー・イングリッシュ』シリーズの「ミッキーの音声学習ペン」「プーさんの音声学習ペン」の受注予約を開始しました。
7月13日 朝日新聞『フルサトをつくる』の書評が掲載されました。
7月13日 朝日新聞で『信じられない現実の大図鑑』が紹介されました。
7月13日 フジテレビ『ザ・ノンフィクション』(14:00~)に『フルサトをつくる』の著者、phaさんと伊藤洋志さんが出演されました。
7月 9日 alterna『フルサトをつくる』の書評が掲載されました。
7月 9日 NHK総合『ひるまえほっと』(11:05~)「中江有里のブックレビュー」コーナーで、『フルサトをつくる』が紹介されました。
7月 1日 文化放送『大竹まこと ゴールデンラジオ』(13:00~)に、『フルサトをつくる』の著者、伊藤洋志さんとphaさんが出演されました。
7月 1日 サンデー毎日『フルサトをつくる』が紹介されました。
6月17日

NHK総合『ゆうどき』(16:55~)で、『新訂版 全国 五つ星の手みやげ』が紹介されました。

5月28日 本よみうり堂『敗北のない競技』の書評が掲載されました。
5月27日 文化放送『大竹まこと ゴールデンラジオ』(13:00~)で、『フルサトをつくる』紹介されました。
4月23日 cyclist『敗北のない競技』の書評が掲載されました。
3月10日 TBSラジオ『大沢悠里のゆうゆうワイド』に『せんそう 昭和20年3月10日東京大空襲のこと』の著者、塚本やすしさんが出演されました。
3月 5日

朝日新聞夕刊に、『せんそう 昭和20年3月10日東京大空襲のこと』の著者、塚本千恵子さんと塚本やすしさんのインタビューが掲載されました。

3月 3日 3月3日発売の週刊ダイヤモンドにて『ARで手にとるようにわかる 3D宇宙大図鑑』が紹介されました。
3月 1日

『モノ・マガジン2014年3月16日情報号』にて、『巨大重機の世界』の紹介、および著者・高石賢一さんのインタビューが掲載されました。

新刊書のご案内

山本俊郎/著
代ゼミのカリスマが「ズバリ」教えます。
五木寛之/著
生と死をみつめた、五木寛之の人生論
土屋守/著
スコットランド取材を敢行した書下ろし労作
アン・ルーニー/著 立木勝/訳
医学の原点を見つめ直す
岩永竜一郎/著
好評書籍の改訂版
萱野稔人/監修
挑発的名言集誕生
近藤典子/著
近藤典子のすっきり生活ベストアイデア
近藤典子/著
片づけのプロになる!
岡澤浩太郎/著
見方をかえれば,あの名作も実は「失敗作」
平松 洋/編著
好評『江戸猫』に続く猫の名画読本。
真山知幸/著
世界に名を轟かす100人の生き様を見よ!
九里徳泰・左巻健男・平山明彦/編著
定評ある入門書 待望の改訂版
吉田恵里香/著
バディ系歴史ノベル第2弾!
おかべたかし/文 山出高士/写真
「交ぜる」と「混ぜる」はどう違う?
カレン・ヘイズ/著 ジェシカ・トーントン/画 富永晶子/訳
絵本を読みながら、大工さんキットで遊ぼう
スティーブン・ロー/著 吉原雅子/訳 脇崇晴・山本麻衣子・寺田篤史・富永和子/著
豊富なビジュアルで、哲学がわかる!
西村有紀子/著
いままでとはちがうプラス思考のマナー集
すみだ水族館/監修
デジタル技術で海の生きものを楽しく学ぼう
キャサリン・プレストン/著 辻絵里/訳
吃音・流暢性障害の女性による自伝
伊藤洋志/監修
シンプルで、しなやか。小商いをはじめよう
丸山一彦/監修 こどもくらぶ/編
目でみてわかる、理系脳を育む。
岡田義光/著
『日本の地震地図』の最新第4版
佐藤しのぶ/著
出逢いのハーモニー第3弾!
有元葉子/著
揚げものは家でこそつくるもの
稲垣栄洋/著
「雑学」に特化した初めての雑学手帳!
山本俊郎/著
代ゼミのカリスマが「ズバリ」教えます。
ドーリング・キンダースリー/編著 増田まもる/監訳
驚きの真実をビジュアル化する究極の図鑑

本を探す

本を探す
詳細検索はこちら   検索方法はこちら
ミライ系NEWHORIZON

売れ行きRanking

1位
ドーリング・キンダースリー/編著 増田まもる/監訳
地球上の水は全部集めたらどれぐらい?  地球上の氷河と氷床が全部溶けたら陸地はどれぐらい沈む?  大ピラミッドの重さは巨大なビル何個分ぐらい?  サハラ砂漠の一番大きい砂丘の高さはどのぐらい?  世界では1時間に何人の人が増えている?  木星は中に地球が何個ぐらい入る? …など、 数字やテキストだけではピンとこない、宇宙や地球、生命、先端技術の驚きの現実を、究極までわかりやすくしたビジュアル比較型大図鑑。
2位
有元葉子/著
最近はとかく悪者にされがちですが、「揚げもの」は、今も昔も身近で老若男女に人気のお惣菜の主役です。たしかに買ってきたものは、どんな油を使っているかわからないから、体にいいとは言えません。だからこそ、揚げものこそ、家で作るのがまっとう! それに「揚げる」という調理法は、素材を手早く加熱でき、少ない調理時間で量を作ることができ、素材の味を邪魔せずにコクを加えるなど、非常に優れた調理法です。 本書では、有元葉子さんの定番の「揚げもの」の数々を紹介します。 「素材に気を使った本当においしい揚げものは、家で楽しむもの。そう心得て、ぜひご自宅で揚げて楽しんで下さい。」――有元葉子 「揚げものは、良質の油を使えば、家庭料理として、本当はとても手軽で、まっとうなのです」というのが有元さんの持論。 そこで、今回、有元さんの家で定番になっている揚げもの料理を大公開。 かき揚げやフライ、素揚げにエスニックなものまで、50品以上のレシピを、有元流の工夫とコツとともに紹介します。
3位
伊藤洋志/監修
初期投資やリスクの少ない形での、シンプルで身の丈にあった「小」さな「商い」=「小商い」を、今までモノやサービスを自分で売ったりした経験をあまり持たないであろう、 ふつうの個々人がはじめるための、考え方の勘所とケーススタディ。  「どんな人におすすめの本かというと、会社員だけど土日に自分の興味・技能を活かして仕事をつくりたい方、フリーランスだけど受託が中心なので、自前のサービスをつくりたい方、ボランティア的な活動や、文化芸術活動を助成金などに頼らず継続させる方法を考えたい方など。広く仕事のあり方や文化のつくり方を考える方に、「よし自分も何かやったるぞ」という意気込みで、読んでいただけると有り難いです。もちろん、「色々な仕事があるんやなあ」と視野を広げるために読んでもらえるのも嬉しいことです。フリーランス対会社員という発想で物事を考えると間違えます。生態系の豊かさと丈夫さは多様性から生まれます。多様性に寄与することが本書の制作動機の一つでもあります。」 ――本書 はじめに より
4位
おかべたかし/文 山出高士/写真
なんとなく似ているが、どこがどう違うのか? と改めて聞かれるとわからないものってありませんか? 本書では、「竹と笹」「林と森」「ヒラメとカレイ」「ミミズクとフクロウ」「交ぜると混ぜる」「搾ると絞る」など、「似ている」言葉の雑学を写真で紹介します。 「似ている」ということは、その反面「同じではない」ということ。それらがどう違うのかという関係に着目し、楽しみながら、日本語の奥深さを知ることのできる写真集です。
5位
岸 朝子/選
6位
丸山一彦/監修 こどもくらぶ/編