東京書籍

 

イヴの乳_POD
動物行動学から見た子育ての進化と変遷
小原嘉明
  • ISBN:978-4-487-81083-3
  • 本体価格2,500円
  • 発売年月:2017-09-01
  • 体裁:  
googleカレンダーへ追加
子を殺すライオン,育児放棄するクマ…。様々な動物の子育ての不思議を動物行動学の見地から分析。なぜ家族という社会構造が生まれ,進化してきたのかを動物行動学の視点から解き明かす。

著者情報

小原嘉明(おばらよしあき)
1964年,東京農工大学農学部卒業。東京農工大学助手,助教授を経て,1986年より同大学教授。この間,九州大学理学部生物学教室,英国・ケンブリッジ大学動物学教室,ニュージーランド・ワイカト大学生物学教室において研究,理学博士。
専攻:行動生物学。
●著書
「モンシロチョウ」(中央公論新社),「オスとメス―求愛と行動」(岩波書店),「ミツバチ家族の大冒険」(偕成社),「恋の動物行動学」(日本経済新聞社),「父親の進化」(講談社),「行動生物学」(培風館),「入門 動物の行動」(岩波書店),「昆虫生物学」(編・著,朝倉書店),「昆虫学大事典」(編・著,朝倉書店),「動物行動学を築いた人々」(共訳,培風館),他多数。

本を探す

詳細検索はこちら   検索方法はこちら

  • アマゾン
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • Honya Club
  • ハイブリッド書店サービス honto
  • e-hon