東京書籍

 

ことばのこころ
中西 進/著
  • ISBN:978-4-487-80978-3
  • 本体価格1,900円
  • 発売年月:2016-09-01
  • 体裁:  280頁
googleカレンダーへ追加
文化勲章受章,わかりやすく読者の胸に迫る文章で,ファンの多い中西進の最新刊。日本語にこめられた日本人の心について綴り,そこから,ことばの本当の意味や美しさを味わえる本です。

コンテンツ

1 こころを見つめることば
 忘れ草/月白/無月/ゆたんぽ/雪女/お日柄/きぬぎぬ/姿見/目顔/やや子/私雨
あゆの風/風見草/ねこやなぎ/はなごろも/雪のはて/青しぐれ/木漏れ日/白
夏/みそぎ/浴衣/錆鮎/ ほか
2 ことばの玉手箱
 「ひとつを得ることは、ひとつを失うことでもある」/「決定できないことは
大きな問題ではない」/花涅槃/仲麻呂の月/「ことごとく軽き灰なり」/「スカ
ートの裾を濡らしたい」/詩歌の色/「仮に」/親鸞のことば ほか
3 うたのことば12か月
  古代から現代の名歌・俳句のことばから その魅力をさぐる 
4 古典のことば
「世のことも知らず」(枕草子と伊勢物語に見る人生)/「わが子羽ぐくめ」(万
葉集の母)「あまりに思いしけむ」(狭衣日記の愛のすがた)「自然」(伊勢集)
「こいつァ春から」(日本人の季節感)ほか
5 茶のことば
  点てる/匙/膝行/半東/市中の山居/露地/つくばい/躙り口/ほか

本を探す

詳細検索はこちら   検索方法はこちら

  • アマゾン
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • Honya Club
  • ハイブリッド書店サービス honto
  • e-hon

この著者の他の刊行本

中西進/著
日本人は何を愛し,どう伝えてきたのか。現代を代表する国文学者による,日本人の魂に迫る日本語と日本人論。