東京書籍

 

不器用さのある発達障害の子どもたち 運動スキルの支援のためのガイドブック
自閉症スペクトラム障害・注意欠陥障害・発達性協調運動障害を中心に
リサ・A・カーツ/著 七木田敦・増田貴人・澤江幸則/監訳 泉 流星/訳
  • ISBN:978-4-487-80705-5
  • 本体価格1,800円
  • 発売年月:2012-08-31
  • 体裁:  176頁
googleカレンダーへ追加
不器用とは、はさみの使い方が上手でないときなどに使われますが、発達障害の子どもでは、運動のほか日常生活の多岐にわたって運動協応性の困難を伴うことが多くあります。
不器用な子どもでは、視知覚認知にも問題があります。
特別支援教育では、ビジョントレーニングが注目されていますが、本書は発達障害の子どもの不器用さを解決するために具体的で視覚的な方法を提示しています。
また不器用さは、低い自尊感情、過度に低い目標設定や責任回避傾向の自己概念、行動問題、周囲からの孤立やいじめ、低い社会的コンピテンスなども二次的に引き起こしていると報告されており、広範囲な人格形成に影響すると考えられるようになってきています。
わが国の図書ではほとんど言及されてこなかった「自尊感情と運動の実行」についても、本書は具体的な解決方法を提示しています。
先行研究の多くが、5歳から10歳までの間に「適切な指導」を受ければ、不器用さを減らせるとしており、本書で示したような幼児期~学齢期での適切な対応は望まれるところでした。
本書が、このような実践場面での問いの解決のための一助になることを願ってやみません。
(監訳者「まえがき」より、抜粋・改変)

本を探す

詳細検索はこちら   検索方法はこちら

  • アマゾン
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • Honya Club
  • ハイブリッド書店サービス honto
  • e-hon

この著者の他の刊行本

リサ・A・カーツ/著,川端秀仁/監修,泉流星/訳
日本で取りくみが遅れている,発達障害における視知覚認識の問題を取り上げる初の書籍。視知覚システムの構造から,視知覚能力の発達について,問題の兆候のとらえ方,視知覚の専門家の選び方,視知覚認識の改善方法など,保護者・学校・心理・医療・療育関係者・検眼士必読の基本図書。