東京書籍

 

自己をわすれる
奈良康明/著
  • ISBN:978-4-487-80552-5
  • 本体価格1,500円
  • 発売年月:2011-07-15
  • 体裁:  
googleカレンダーへ追加
仏教を「生き方」「生きる道」としてとらえるとどうなるか。社会の中に生きる人間の視点で,「縁起」や「無常」,「慈悲」,「中道」など仏教のエッセンスを簡明に解説。

著者情報

奈良康明(ならやすあき)
1929年千葉県に生まれる。
1953年東京大学文学部印度哲学梵文学科卒業、カルカッタ大学大学院人文科学研究科(比較言語学科)博士課程修了。インド宗教文化史専攻。駒澤大学学長、総長を経て、現在、駒澤大学名誉教授。文学博士。
著書:『仏教史―インド・東南アジア』(山川出版社)、『釈尊との対話』(日本放送出版協会)、『仏教と人間』『仏教名言辞典』『新版 日本の仏教を知る事典』(以上 東京書籍)など多数。

本を探す

詳細検索はこちら   検索方法はこちら

  • アマゾン
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • Honya Club
  • ハイブリッド書店サービス honto
  • e-hon

この著者の他の刊行本

奈良康明
「縁起」「無常」「空」「中道」「慈悲」といった仏教の基本を人間の生き方に重ね合わせて考える。仏教を文化としてとらえる著者が,従来の学問的な研究をこえた新しい視座を提示。
奈良康明,沖本克己/著 丸山 勇/撮影
アジア諸地域の精神文化の底流となっている禅の世界を,インド・中国・日本をはじめ各国で撮影した約450点のカラー写真とともにたどる。文化史の立場から禅を総合的にとらえた決定版。