東京書籍

 

『古事記』の法則
目崎茂和/著
  • ISBN:978-4-487-80173-2
  • 本体価格1,900円
  • 発売年月:2010-08-31
  • 体裁:  
googleカレンダーへ追加
『古事記』には,天地の始まりから推古天皇の時代に至るまでの神話や伝説が収められている。その神話の背後には,実は巧妙な仕掛けが隠されていた。本書は風水の基本となる陰陽五行や八卦説を駆使して,古代の人々が古事記に隠蔽した暗号を解き明かしていく。古代の人々は我々に何を伝えようとしたのか?今,その謎が明かされる。

著者情報

目崎茂和(めざきしげかず)
1945年新潟県生まれ。現在,南山大学総合政策学部教授。三重大学名誉教授。東京教育大学大学院理学研究部地理学科卒,東京教育大学大学院理学研究科博士課程中退。その後,61年に三重大学人文学部助教授,のちに教授になる。63年,日本ジャーナリスト会議奨励賞を受賞。著書

本を探す

詳細検索はこちら   検索方法はこちら

  • アマゾン
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • Honya Club
  • ハイブリッド書店サービス honto
  • e-hon