東京書籍

 

心に残る愛唱歌
こやま峰子/文 渡辺あきお/絵
  • ISBN:978-4-487-79953-4
  • 本体価格1,800円
  • 発売年月:2004-07-01
  • 体裁:  144頁
googleカレンダーへ追加
詩情あふれる絵とともに懐かしい童謡がよみがえる。歌の背景や歌詞の詳しい説明・解説を加えて,「赤い靴」「赤とんぼ」から「故郷」「夕焼小焼」まで思い出たっぷりの32曲愛蔵版。楽譜付。

著者情報

こやま峰子(こやまみねこ)
詩人,児童文学作家。第28回「日本童謡賞特別賞」受賞。第26回「巌谷小波文芸賞」受賞。第46回「児童文化功労賞」受賞
著書『名作へのパスポート』(金の星社)『地雷のあしあと』(小学館)『いのちのいろえんぴつ』(教育画劇)『心に残る愛唱歌』(東京書籍)他多数。

著者情報

渡辺あきお(わたなべあきお)
1949年,福島県三春町に生まれる。虫プロダクションでアニメの製作に携わりながらフォルム洋画研究所で学ぶ。TBSテレビ「日本昔ばなし」の美術背景を描く。その後,絵本や童話の世界に入り,「ゴリラのパンやさん」(金の星社)をはじめ,心あたたまる作品を数多く描く。
最近では,版画制作をしながら動物たちのおしゃべりの様子を豊に表現している。(財)日本動物愛護協会,(社)日本動物福祉協会,(財)日本ユニセフ協会のカードにイラストを提供するなどボランティア活動も行っている。

コンテンツ

まえがき 気高く咲く光の花

1 心に残る愛唱歌
 赤い靴(赤い靴 はいてた 女の子)
 赤ちゃんのお耳(赤ちゃんのお耳は)
 赤とんぼ(夕焼、小焼の、あかとんぼ)
 あの町この町(あの町この町 日が暮れる)
 雨(雨がふります 雨がふる)
 うみ(うみは ひろいな 大きいな)
 朧月夜(菜の花畠に 入日薄れ)
 おもちゃのマーチ(やっとこやっとこ)
 肩たたき(母さん お肩をたたきましょう)
 かなりや(唄を忘れた 金絲雀は)
 からたちの花(からたちの花が咲いたよ)
 汽車(今は山中 今は浜)
 荒城の月(春高楼の 花の宴)
 この道(この道はいつか来た道)
 さくらさくら(さくら さくら)
 里の秋(静かな静かな 里の秋)
 シャボン玉(しゃぼん玉 飛んだ)
 早春賦(春は名のみの 風の寒さや)
 チューリップ(サイタ サイタ)
 月の砂漠(月の砂漠を はるばると)
 てるてる坊主(てるてる坊主 てる坊主)
 どこかで春が(どこかで「春」が)
 野菊(遠い山から吹いて来る)
 花(春のうららの隅田川)
 浜辺の歌(あした浜辺を さまよえば)
 春の小川(春の小川は さらさら流る)
 ふじの山(あたまを雲の上に出し)
 故郷(兎追いし かの山)
 ペチカ(雪のふる夜はたのしいペチカ)
 めえめえ児山羊(めえめえ 森の児山羊)
 椰子の実(名も知らぬ遠き島より)
 夕焼小焼(夕焼小焼で 日が暮れて)

2 楽譜一覧
 愛唱歌の思い出

本を探す

詳細検索はこちら   検索方法はこちら

  • アマゾン
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス
  • Honya Club
  • ハイブリッド書店サービス honto
  • e-hon

この著者の他の刊行本

こやま峰子/編著
10代で是非読んでほしい詩歌80作品を紹介。類書にない作品,最近の話題作,一生涯の古典など,詩歌の感動や希望を伝えます。
こやま峰子/編著
読書のプロ5人が厳選した,いま10代の子どもたちに読んでほしい海外作品80編を紹介。「あきらめない」「想いあうこと」「踏み出す勇気」「未来のために」など9つのテーマごとに,古典的名作から最新の話題作を網羅した海外作品読書案内の決定版。
こやま峰子/編
10代で是非読んでほしい本102編を紹介。類書には今まで取り上げられなかった本,最近の話題作,古典的名作など,幅広い視点で読書の感動やおもしろさを伝える。全国学校図書館協議会選定図書。