東京書籍

  • 企業理念
  • メッセージ
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 関連会社
  • 全国事業所一覧
  • 受賞一覧

会社概要

文化事業分野

東書文庫

東書文庫

東書文庫は,1936(昭和11)年,東京書籍の創立25周年を記念して開館した,わが国最大の教科書を中心とした教育資料図書館です。江戸時代の藩校や寺子屋で使用された書物から,今日に至るまでの教科書を体系的に所蔵。明治期の検定教科書,国定教科書,旧制中学校教科書,戦後の検定教科書などの他に,原画,掛図,版木などの資料約15万点を所蔵しています。2009(平成21)年には,明治初期から昭和20年代の文部科学省著作本までの76,420点が国の重要文化財の指定を受けました。近代日本の教科書の歩みのすべてが詰まっていると言えます。 教科書編集のための直接資料として,また教育研究用の資料として一般の方々に公開し,広く利用されています。また,アール・デコ様式を基調とした建物は,建造物としての価値も高く評価され,1999(平成11)年には東京都「北区指定有形文化財(建造物)」の指定を,2007(平成19)年には経済産業省による「近代化産業遺産」の認定を受けました。

「東書文庫」へ

東書文庫1(館内)
東書文庫2(蔵書)
ページの先頭へ戻る